ラズパイでNASの作り方 超絶高画質 スマートウォッチで音楽再生のしかた 普通に最高のスマホ マジで面白い!
ラズベリーパイでNASは実用的か? 超絶高画質!シグマ Art 50mm F1.4 Eマウント版レビュー スマートウォッチでの音楽再生のしかた Essential Phoneのあの「悪い評判」は本当か? おっさん向け! おすすめマンガ

2016年03月05日

Zenfone Max登場!増え続けるZenfoneシリーズを比較してみました。

201603_01_000

5000mAhの大容量バッテリーを搭載して登場した「Zenfone Max」が3月中旬に発売されます。Zefone2から始まって、「Zenfone Selfie」「Zenfone2 Laser」「Zenfone2 Laser(6インチモデル)」「Zenfone Zoom」と怒涛のリリースでライナップが増えすぎてしまい、良くわからなくなってきているので、ここいらへんで比較して整理してみようと思います。

201603_01_005
「Zenfone Max」の特徴は5000mAhの大容量バッテリーを搭載していることです。一般的なスマホは大体3000mAhくらいのバッテリーを搭載していますので単純に1.6倍以上バッテリーが持つことになります。広告はちょっと誇張されすぎのような気がしますが、、

他にも大容量バッテリーを活かして、Zenfone Maxから電力を供給することができるようです。
201603_01_006

Maxなのはバッテリー容量だけです。

201603_01_010
「Zenfone Max」はMaxと名付けられていますが、バッテリー容量以外はZenfoneシリーズ最安値の「Zenfone2 Laser」5インチモデルとほぼ同じスペックの廉価機です。液晶サイズこそ5インチと5.5インチの違いがあったり、Zenfone2 Laserは名前の通りカメラのオートフォーカス用レーザーを搭載していたりしますが、基本スペックはほぼ同じです。Zenfoneの中では最廉価帯のモデルですが、搭載されるSnapdragon 410はミドルレンジのSoCで、いわゆる激安スマホよりは一段上のスペックです。Zenfone2 Laserの5インチモデルとの価格差は大画面と大容量バッテリーの分と考えればお買い得だと思います。

Zenfone Maxは5000mAhと大容量バッテリーを搭載するため202gとZenfoneシリーズでは最も重いモデルですが、毎日電車などで長時間通勤している人や外回りの仕事をしている方は5000mAhの大容量バッテリーは頼もしいと思います。

価格的にZenfone Maxの次に並ぶのは元祖Zenfone2(RAM2GB ストレージ32GB)です。
201603_01_020
ここから基本スペックが一気に良い物になります。特にAndroidはストレージが16GBだと、ある程度節約しながら使用する事が必要で、ゲームなどをインストールしまくったりするとすぐに不足してしまいます。廉価モデルでもストレージだけは32GBを搭載して欲しいといつも思います。

そのほかにも解像度がフルHDになったり(個人的には1280x720で十分だと思いますが)、Quick Charge 2.0よりも早いと言われているASUSの急速充電技術BoostMasterにも対応しています。ちなみにRAMを4GBにすると価格が跳ね上がりますが、Android5.1以降はRAMの少ない新興国向け端末でも動作するように軽量化されていますので、無理にRAM4GBをチョイスする必要はないと思います。私はRAM2GBのXPERIA C5 Ultraを使用していますが問題ありません。

個人的には大容量バッテリーがどうしても必要な人以外はZenfone2のRAM2GBモデルの方をお勧めします。

他のZenfoneも一覧にしてみました。Zenfone5は世代が古いので除外しています。
201603_01_030
201603_01_040

自撮り用にインカメラが強化強化されている「Zenfone Selfie」、オートフォーカス用レーザー搭載の「Zenfone2 Laser」、唯一の6インチモデル「Zenfone2 Laser(6インチ)」、光学3倍ズームを搭載する「Zenfone Zoom」とそれぞれ特徴があるので好みで選択すれば良いと思いますが、やはりスタンダードな「Zenfone2」のRAM2GBモデルがお買い得だと思います。

ASUSの製品の「日本国内版」はちゃんと日本の周波数帯にカスタマイズされていますので、Zenfone2以降は全てFOMAプラスエリア・プラチナバンドに対応しています。3GやLTEの対応周波数を心配する必要がないのは素晴らしいですね。「並行輸入版」とか「海外版」はFOMAプラスエリア・プラチナバンドに対応していません。「日本国内版」でもSIMフリーですので、わざわざ「海外版」を購入する必要はありません。

201603_01_910 MVNOでSIMフリー端末を運用するなら必須!ドコモの周波数帯まとめ
201603_01_920 Zenfone2の国内版と海外版の違いを調べてみました。
201603_01_930 Zenfone2と何が変わったのか?Zenfone3とスペックやサイズを比較
201603_01_940 ズルトラ難民の皆さんこちらです「Zenfone 3 Ultra」を「Xperia Z Ultra」と比較してみました。

Zenfone MaxはASUS shopで予約受付中で、発売は3月中旬とのことです。

ではまた!

Source : ASUS

posted by ゆるガジェCHANNEL | Android
スポンサーリンク

 


格安SIMには必須知識 プライムビデオが凄い勢いで充実中 EXPANSYSの送料や関税 軽い!安い!キャンペーン情報付きkindl Fire TV StickをDLNAクライアントに!
ドコモ周波数帯まとめ プライムビデオやばい! EXPANSYSの税金・送料・保証 「キャンペーン情報付き」Kindleレビュー 新型Fire TV StickでDLNA!