スポンサーリンク
車関連

いつの間にかひっそりと姿を消した「TVなしのカーナビ」

以前「パイオニアの楽ナビにTVなしのカーナビがラインナップされていますよ」というのを紹介しましたが、気が付くとディスコンになっていました。なんでやー

2023/01/20 追記
この記事を投稿してから、わずか4日後に新型が発表されました。そしてしっかりとTVなしのモデルがラインナップされています。AVIC-RZ120とAVIC-RW120です。店頭予想価格が7万円~ということですので、ちょっと高くなるのかな?

 

以前に紹介した記事は下記です。

2022年モデルのAVIC-RW112とAVIC-RZ112は3月発売ですが、両方とも1年も経っていないのに早々と「生産終了」となっています。もちろん他の2022年モデルで生産終了となったモデルはありません。TVチューナーなしのこの2モデルだけが生産終了となりました。

7型モデルのAVIC-RZ112はAmazonでは既に在庫切れ、楽天では香ばしいプレミア価格で少数販売されています。この価格で買う人いるのでしょうか。。。

7型ワイドモデルのAVIC-RW112は、まだ潤沢に在庫があるようです。Amazonでは「入荷予定あり」となっていますが本当かな?

2020年モデルのAVIC-RZ111とAVIC-RW111は、旧モデルですのでもちろん生産終了です。Amazonのマケプレにまだ在庫がありますが、風前の灯火です。

単純に販売数が少なかったのか、半導体不足で売れ筋モデルに生産を絞ったのか、それとも謎の組織から圧力があったのか、理由はわかりませんが、大手メーカーのコンシューマー向けとしては、TVチューナー非搭載のインダッシュのカーナビは絶滅しました。

最近はNHKも訪問による強引な受信料契約のやり方を見直すという動きを見せていますが、「テレビを所有したら契約しろ」というのにはなんら変わりはなく、受信料の支払いを拒否する者に割増金という罰金を科すことができるという法律が2023年4月1日から施行される流れになっています。テレビを投げ捨てるのは急務です。あ、でも、NHKを見ている人はちゃんと契約してあげてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました