スポンサーリンク
Amazon
安売り情報

Kindle本最大80%セールの気になる本、オススメ本

202111_04_000

Amazonブラックフライデーに合わせてKindle本のセールが実施されています。普段絶対に安くならない本が半額とかになっていたりするので、一度覗いてみるのが良いと思います。

電子書籍だと本棚に並べるという楽しみはありませんが、いつでもどこでも読めるというメリットがあります。ちょっとした空き時間にスマホをいじるのは皆さん共通だと思いますが、SNSばかり見ていないで、電子書籍を読むようにすると人生が豊かになったりするのではないかな~と自戒を込めてオススメします。

【ブラックフライデー】 最大80%OFF Kindle本キャンペーン

と、偉そうな事を言いながらさっそく漫画です。しかも萌系。

「がんばるぞい」で有名なNEW GAME!です。「アムロ行きます!」と同じく1回しか言っていません。13巻で最近完結しましたが、長期間の連載にも関わらず最後まで絵が崩れないのは見事です。ストーリーに関わる登場人物はすべて美少女で超可愛いのですが、内容的にはソフトウェア開発(ゲーム)の会社でがんばるという話なので、個人的には前の会社のブラック業務がフラッシュバックして、しんどいです(笑) 1~3巻までが96円になっています。4~7巻は440円、8~13巻は792円ですが、元のコミックは定価935円ですのでお得だと思います。

アニメを見て以来、仕事でヤバイと思った時に、頭の中でシャミ子ちゃんが「ききかんりぃぃ~」と叫ぶ病を患ってしまい困っています。魔法少女のももちゃんが可愛いです。1~2巻が440円、3~6巻は792円と、NEW GAME!に比べるとお得感は薄いのですが、それでもお得です。

オラクルマスターの定番教科書で非常に高価ですが、今なら半額になっています。私はシルバーまで持っていますが、この黒い教科書だけで勉強して正答率95%でブロンズ、シルバーをストレート合格できました。この教科書だけでオラクルマスターを取れます。

若い頃はオラクルでブイブイ言わせてきたのですが、最近は価格面で有利なSQL Serverばかりになりましたよね。オラクルに比べるとSQL Serverは癖が強くて「意味わからん」と思うことが多いのです。何事も仕組みから知っておくと応用が効いて良いです。

アジャイル開発の本で有名な「アジャイルサムライ」という本を半分くらい読みかけにしているのですが、「そうは言ってもなぁ」という感じの感想を持っている私に、落とし所を提示してくれるかもしれない本です。面白そう。

上の本と趣旨は同じ?私は読んでいないのですが、友人によると良い本だそうです。会社で買ってもらえるタイミングがあったのですが、買ってもらっておけば良かったかも。。

起業する気はないのですが、起業するときのお金の流れとかとても興味があります。この本は安くなったら買おうと、ずっと、ほしいものリストに入っていましたが、人気があるようで今まで値引きされませんした。それが今回突然の値引き。しかも半額です。ポチりました。「入門」の方は簡易版のようですが、この価格差なら上の無印で良いと思います。

サラリーマンでも会社のお金の事を知っておくと、自分の扱いがどうなのか、会社はどんな会社なのかが見えてきます。会社が扱っているお金とか税金とかお金のことって本当に知っておいた方が良いと思います。

関係ありませんが、ひろゆき氏って、昔はたま~にここぞと言うところで確信を付く発言をしていたので、一味違うな!とか思っていたのですが、最近は露出が多すぎてなんにでも意見するようになったことで、当然ながら間違いや浅い意見も増えてしまい、私の中では「2割くらい確信を付く人」になってしまいました。注目度が上がれば儲けやすいので本人も計算づくなのでしょうが。

集中力を上げる系の自己啓発本は数冊読んだのですが、この本の逆張り具合は気になりますね。コンビニでお菓子買うくらいの価格なので、とりあえずポチりました。

私はリーダーではないのですが、メンタルはポッキポキに折れやすいので。自衛隊式の考え方というのには興味がありますね。一般的に軍隊は合理性の塊ですが、それ故にメンタルを安定させる方法論というのがありそうですよね。

「1ヶ月で英語がスラスラしゃべれる。」本当だな?絶対だな?と問い詰めたくなる本。本当なのであればオススメ本となりますが。。。英会話系はこんなの多いですよね。本じゃないけど「浴びるように聞くだけ」とか。浴びるように洋画見てますけど、さっぱり英会話なんてできるようになりませんががが。

オススメの本ではありませんが、帯を見ると「労働者は年収100万円で使え」とか書いてありそうです。どんな恐ろしい内容なのかホラー本枠で(笑)

こちらもオススメ本ではありませんが、前の会社で「Wordはスペースで字下げするのが面倒なので、仕様書はExcel(方眼紙前提なんだろう)で作るべきです」と主張するソフトウェアエンジニアがいて、めまいで倒れて反動で月まで飛んでいきそうになった思い出があり、そのエピソードを語りたいためだけに貼りました。ごめんなさい!

タイトルとURLをコピーしました