スポンサーリンク
レビュー

AndroidもiPhoneもこれ一つで切り替え!おすすめBluetoothキーボード ロジクールK380レビュー

201604_06_000

最近は友人との連絡はめっきりLINEでとっていますが、私、スマホで文字入力するの苦手なのです。で、最近は家にいる時はブログ書いたりとPCの前にいる時間が多いので、PCのキーボードでそのままスマホに入力できたらと思って、最大3台とペアリングできるロジクールK380を入手しました。

まずオシャレです。今まではずっとワゴンセールで買った980円の野暮ったいキーボードを使っていたのですが、いつかはシャレオツなキーボードを思っていました。打鍵感はMacBookより少しマイルドで、音はカチカチというよりはチチチと行った感じで高級感があると思います。
201604_06_010

サイズはこんな感じです。一般的なモバイル用Bluetoothキーボードと同等の大きさですが、重量はちょっと重く感じます。
201604_06_020

キーピッチなどは特に小さすぎるという感じもなく違和感はありませんが、私はブラインドタッチ中でも数字を打つ時はテンキーを使う癖がついているのだけ厳しいです。ブラインドタッチで数字を打てるように矯正中ですが、これのテンキー付きモデルが欲しいです。できればモバイルに持ち出す時は分離できるような感じで。

ファンクションキーがfnキーを押しながら押下する必要があるのでF5キーで表示を更新する時が面倒だと思いましたが、Windowsの場合はlogicoolのHPから「Logicool Options」というサポートソフトをダウンロード・インストールすれば通常のファンクションキーになります。
201604_06_120

スクリーンショットキーがない!と思いましたが、fnキーとtabキーです。
201604_06_030

同梱の説明書はペアリングモードの説明の超シンプルな紙が1枚入っているだけです。
201604_06_040
クールです、、、、

一番右には「詳しくはここを見ろ」とURLが記載されています。
www.logicool.co.jp/support/k380

ペアリングと、分かりやすく使い勝手の良い接続先の切り替え

ペアリングは簡単です。左上の黄色いキーを押し続ければペアリングモードになります。
201604_06_050

ペアリングモードになると上のLEDが点滅するので、あとは接続先の機器のBluetoothの設定を開けばk380が出てきます。
201604_06_060

ペアリング後は同じく黄色いキーでワンタッチで切り替えできます。私はLINEでやりとりする時はこんな感じでスマホを立てかけて使っています。201604_06_060

同じロジクールからスマホを立てかけることが出来る下のようキーボードも出ていますが、実物を見ると大きくていまいち野暮ったかったので、モバイルにも使えるk380の方が良いと思います。

ちなみに、Bluetoothを搭載していない機器は、当然ながらBluetoothレシーバーが必要です。私はデスクトップPCが自作機でBluetoothを搭載していないのでUSBタイプのものを入手しました。
201604_06_110

機種ごとに最適化されている英語と日本語入力の切り替え

この手のキーボードを使う時に気になるのは英語と日本語の入力切り替えですが、WindowsはもちろんAndroidでも半角/全角ボタンで切り替えできます。
201604_06_070

試しにMacbookとペアリングして使ってみましたが、MacOSでは純正と同様にスペースキーの左右のキーで日本語と英語の入力切り替えができます。
201604_06_080
基本的には違和感のないように、各OSの標準と同様に動くように配慮されているのがわかります。このあたりがノーブランドの安価なキーボードとの大きな違いでしょう。iOSは手元にないので確認できませんが、この様子なら心配は要らないと思います。ちなみにChromeOSも対応OSとされています。PS3ともペアリングしてみましたが、英語と日本語入力の切り替えも半角/全角ボタンで切り替えができて問題なく使えました。

Bluetoothキーボードを購入する時は日本語配列のものを

以前ノーブランドのBluetoothキーボードを1,000円程度で購入したのですが、英語配列ですので記号等のキー配置が全然違ったり、日本語/英語入力の切り替えが癖があったり上手くいかなかったりで、イマイチ使えず放置していました。
201604_06_090
キータッチや質感は良かったのですが、やはり英語配列というのは厳しいです。英語配列か日本語配列かはキーボード右側の方の記号の配列を見ればよくわかります。私は[]が左右に並んでいるか上下に並んでいるかで見分けています。

安価なノーブランドのBluetoothキーボードは、ほとんどが英語配列です。別にこのk380でなくてもロジクールでなくても良いのですが、日本語配列のものを選択することをおすすめします。価格差があると言ってもk380も3,000円くらいですので。

電源は単4乾電池2本で、自動でスリープモードへ移行

201604_06_100

バッテリーは単4乾電池2本です。メーカー公表値の電池寿命は2年とのことです。サイドに電源ボタンはありますが、放置するとスリープモードに入るようなので私はONのままにしています。左側のすぐにON/OFFできる場所にあるので気になる人は毎回OFFにしても良いでしょう。

机も広く使えるし、モバイル用としても使えるしで気に入っています。

ではまた!

Source : logicool

サンワサプライ Bluetooth 4.0 USBアダプタ(class2) MM-BTUD44
サンワサプライ (2014-02-28)
売り上げランキング: 1,712

タイトルとURLをコピーしました