イベント・旅

やっと見れた!「閃光のハサウェイ」ネタバレ感想

202106_02_000

公開延期を繰り返していた「閃光のハサウェイ」をやっと見ることができましたので、ネタバレで感想を書き殴りたいと思います。

私は小説は読んでいません。アニメをすべて見た後に読むか、見たところまでだけ読もうかと思っています。ですので、ここで書いている感想は小説を読んでいる人から見たら、なに言ってんだwwwみたいなところもあるかもしれませんが、感想文ですので生暖かい目で見守ってください。

ちなみに劇場版の閃光のハサウェイは3部作になるとのことです。今作にサブタイトルがついていなかったり、ラストがこれで終わってもそれなりなところで切ってあるために、続編があるのか不安を感じている人もいるようですが、3部作というのは公式コメントですので大丈夫です。

第1部の公開が遅れに遅れましたので、第2部は早く見れるのかな?(そういう訳ではなさそう。。

主人公が連邦側ではないガンダム

ガンダム作品は、地球連邦に対してなんだかんだ言っても主人公は連邦サイドにいますよね。普通に考えて、大手を振って最新のガンダムに乗るためには連邦軍に所属しているのが自然ですしね。ポケ戦のようにジオン側視点の作品もありますが、なんとなくサイドストーリー的な小さな話にせざるを得えません。

しかし、閃光のハサウェイは主人公サイドがテロ側です。カモフラージュと言いながら一般人もろともホテルを爆撃させちゃうようなガチのテロリストです。主役機のクスィーガンダムも劇中では「ガンダムモドキ」と言われ、顔がガンダムから少し外れたデザインになっています。

冒頭の偽マフティーは気分で、みんなに愛されている保健衛生大臣やその奥さんを殺害しました。見ているみんなが酷い奴だな!と思ったでしょうし、ハサウェイも顔をしかめます。しかし、目的はともかく手段としてはマフティがやっていることと何ら変わらないことなのです。

見ていて、映像美やメカアクションなどが素晴らしいのはもちろんですが、ストーリーや展開がとても面白かったです。話はかなり原作に忠実だそうですが、そうであれば、やはり若い頃の富野さんは凄かったのだなぁと思います。

ユニコーンとは繋がりづらい

劇中でも冒頭に「シャアの反乱から12年」と表示されるように、閃光のハサウェイは逆襲のシャア(ベルトーチカ・チルドレン?)の続編として描かれています。宇宙世紀の年表的には間にユニコーンとナラティブが入るのですが、この2作品は後から間に差し込まれ作品ですので見ていて繋がりは感じません。

ナラティブでもアレだけの戦力を投入してきたように、ジオンの残党があれでついえたとも思えませんし、ミネバ様御一行などもなにをしていたのだろう?とか色々と思うところはあるのですが、原作に沿って進行するなら、もちろん関係はしてこないですね。普通に考えて、マフティの活動にジオン方面がなにも干渉してこないということはないとは思うのです。是非、マフティーの活動についてミネバ様の見解を賜りたいものです。

もしかしたら、この2作品との関係で話に修正が入るかな?と思っていたのですが、今のところは原作に忠実に進んでいるとのことです。ユニコーンとナラティブは大好きなのですが、神コーンはやりすぎて、あとが困りますよね。

私は原作厨ではないので改変するならそれも良いと思いますが、原作を読んでいませんので、原作のままでも意外性を楽しむことができ、どちらでも良いと思っています。これから原作の情報が「ここが違う」とか「こうなる」とか出てきそうですので、ネタバレから逃げるのに必死です。もちろんラストは有名過ぎて知っていますが、もしもラストを知らずに閃光のハサウェイを最後まで見れた人がいるとしたら、三国一の幸せ者でしょうね。

ちゃんと苦悩する主人公「ハサウェイ・ノア」

劇中でハサウェイはマフティー・ナビーユ・エリンという指導者を演じて、意識高い感じの目標を掲げて組織を引っ張っていますし、ギギに色々と突っ込まれたことに対してその活動の正当性を言い返したりもするのですが、その裏で「本当にこれで良いのだろうか?」という苦悩が垣間見えるのがとても魅力的です。

若い頃に見た逆襲のシャアでは、クエスのことを生意気なクソガキとしか思えずイラッとしていましたし、そんなクエスを追いかけるハサウェイも「ち○こで行動する愚かなガキ」と思っていました。しかし、閃光のハサウェイでは色々と苦悩して常に迷いの中で行動しているハサウェイがとても魅力的に見えます。

本作でのハサウェイは常に「こうあるべきだ」ということがわかっていますが、同時に「でも、、、」という感情で行動しがちです。劇中でも戦闘の中でマフティーとしての使命を果たすためにはギギをほっぽりだして組織のエージェントのもとに走るのが最適解とわかっていても、それはできませんでした。今後話が進んでいく中で、ハサウェイ・ノアである自分と、マフティー・ナビーユ・エリンであるべき自分の迷いが物語を動かしたら面白いなぁと思います。

アムロやシャアの意思を受け継ぐという形でマフティーは「地球環境のために」活動しているのですが、個人的には活動趣旨には違和感を感じます。これは逆襲のシャアまで遡ってしまいますが「地球環境のために」よりも、ガンダムにはジオン・ズム・ダイクンの提唱した「人類の革新」というテーマがあるのですから、あくまでも「人類すべてを宇宙にあげることで、皆等しく革新させる」という目的で一本化して欲しかったです。現実世界でのエコロジーブームもあって「地球環境のために」と聞くと途端に詭弁臭を感じてしまいます。ハサウェイには「環境活動家」ではなくジオン・ズム・ダイクンの流れを受け継ぐ「思想家」であって欲しいです。それで体制側である父やケネス大佐との釣り合いがとれると思うのです。

お前が乗るんじゃないんかYO!「ケネス・スレッグ」

劇場で見ていて一番驚いたのはペーネロペーのパイロットがケネス・スレッグ大佐でなかった事です。最初の戦闘後に馬に乗って登場したケネスを見たときには頭の中で「お前が(ペーネロペーに)乗るんじゃないのかよ!」とツッコミを入れてしまいました。この戦闘中にはケネス大佐もレーン君も画面に映らないのは作成サイドもワザとミスリードを誘ったのかな?司令官がMSに乗らないのは普通に考えたら当然なのですが、誰かさんのせいで「大佐はMS乗るよね」的な刷り込みが(笑)

ケネス大佐はフランクな男ですが、ギギへの迫り方はかなり露骨に「ヤラせてくれ」で笑いました。年齢は設定には無いようですが、大佐という階級はかなりお偉いさんです。ルックスも若いですし、ハウンゼンに乗っていたことから色々とコネがあり、異例に早い出世なのだろうなぁと言うのは想像がつきますが、それらを加味してもそれなりの年齢でしょう。ギギへの迫り方もおっさんそのものです。ギギは大人びたルックスですが、なんと15歳だそうです。え?!15歳というと下手すれば中学生ですよ!JCですよ!ケネス君、大概だぞ。(劇場版ではギギは19歳という設定だそうです。それでも大概だぞ)

大佐といえば、あの人もそう言われていますね。。。。

愛されキャラ「レーン・エイム君」

本作では最初から完成された兵士・MSパイロットとして主人公が登場します。そこで「成長キャラ枠」として、ライバル機ペーネロペーのパイロット「レーン・エイム君」が用意されているようです。呼び捨てとか階級ではなく、自然と「君」をつけないと違和感を感じるほど巷では愛されているキャラだと思います。

上官のケネス大佐は目的のためには手段を選ばないタイプですが、レーン君はどちらかと言えば目の前の事にとらわれるタイプです。戦闘中に人質について「上官の指示」と必死に説明したりします。対峙している敵のパイロットが自分の名前を知っているとわかった瞬間に「返す!」と言い出した時は思わず「マジか」と言いそうになりました。

マフティーによる空襲の時も、ケネス大佐からは街の被害を気にするなとの指示を受けていたと思われ、僚機のグスタフカールはそのように振る舞っていましたが、レーン君のペーネロペーは積極的に戦闘に参加しているようには見えませんでした。

ケネス大佐の指示でも気に入らない指示には従わないのですが、それでもケネス大佐の前では口答え一つしないところは、今の若者っぽい感じがしますね。ケネス大佐も「やれやれ」といった感じで、腰を据えてレーン君とお話したりはしていないようです。この調子で二人の溝が深まっていって、それが大勢に影響を与えたりすると面白いかなとか妄想してしまいます。既に人質を失い、結果的にペーネロペーは大破と大勢に影響与えまくりですが。

レーン君がどのように成長していくのか(いかないのか)も物語の楽しみの一つになりそうです。

ちょっと違った視点の戦闘シーン

初回の戦闘シーンは今までとは趣向が異なっていて、戦闘に巻き込まれて逃げ惑う人側の視点で描かれています。ここも本当に素晴らしく、劇場で見ていると恐怖すら感じました。20m以上の巨大ロボットが街中で戦うのって本当に恐ろしい。

爆発音などもリアルで、最近拡散されたイスラエルのアイアンドームがロケット弾を迎撃している音を思い出しました。テロリストが高層ビルを爆撃するシーンも色々と連想するものがありますよね。。。

クスィーは劇場版でデザイン変更されました。カラーリングも含めて元の方が良かったという意見が多いように見えますが、私はこの新しいカラーリングも大きくなった前腕も、めちゃめちゃ好きです。なによりモドキと揶揄される顔が超好みです。

202106_02_010

閃光のハサウェイは、第1部を見る限りは今までのガンダムの映像作品に比べるとメカの描写よりも物語に重きをおいているように見えました。もちろんメカアクションやクスィーやペーネロペーのギミックなどを良く見たいというのもありますが、結論を言えばめちゃくちゃ面白かったです。

ギギは人気が出そうですが、個人的にはマフティーのメガネっ娘ちゃんが可愛いと思いました。意識高そうな感じでマフティーを崇拝している感じがあって、なにかのキッカケでヤバいことしちゃいそうな危うさも感じますけどね。

タイトルとURLをコピーしました