Apple

仕組みから考える「Android WearのiOSサポート」

201508_18_010

かなり前から「Android WearがiOSをサポートする」と噂されていましたが、遂に正式に発表されました。今回はAndroid Wearがどのように動作しているのか?その仕組みを簡単に解説しながらAndroid WearのiOSサポートがどのようなものかを考えてみます。

個人的にはApple Watchは残念だったと思っています。その理由はまた別の投稿でと思っていますが、同じくApple Watchに失望した人は多いようで、Moto360(だけではないと思いますが)を自分のiPhoneで使いたいというツイートが数多く見られます。そんな声を知ってか知らずかいつの頃からか「Android WearがiOSをサポートする」という噂が聞こえるようになりました。

Android Wearの仕組み

201508_18_030

Android Wearを使用する場合には母機となるスマートフォンに「Android Wearアプリ」をインストールします。基本的にスマートフォンとAndroid Wearの通信はこのAndroid Wearアプリを介して行われます。

201508_18_020

例えばGmailでメールを受信した時はGmailアプリがAndroidに通知するとスマホの上部のバーに通知が表示されます。Android Wearアプリはここに表示された通知を自動的に送信してスマートウォッチに通知が表示されます。

通知以外にもスマートウォッチへ直接通知として情報を表示させる事もできます。上の例のEVERNOTEはノートを参照すると直近に参照したノートの内容を通知としてスマートウォッチに表示させることができます。これはスマートフォンの通知を介さずに直接スマートウォッチに指示していますが、この場合もAndroid Wearアプリは介しています。

スマートウォッチ側で動作するアプリをインストールする場合でもスマートフォンのアプリとしてインストールしてAndroid Wearがスマートウォッチに転送する形になります。ウォッチフェイスのインストールも同様です。

201508_18_040

そしてこれらスマートウォッチ側で動作するアプリの設定画面はスマートフォン側のアプリとして実装されます。例えばカスタマイズ可能なウォッチフェイスの場合だと下のような画面で設定するとAndroid Wearアプリを介して設定内容がスマートウォッチに送られます。

Screenshot_2015-08-31-14-01-41

このようにAndroid Wearスマートウォッチは独立して動作する訳ではなく、Androidスマートフォンと密接に連携して動作しています。

Android WearのiOSサポートは微妙?

「Android WearをiOSに対応させる」というのは「Android WearアプリをiOSへ移植する」事になります。これだとiOSの通知をスマートウォッチに表示する事はできますが、上記のEVERNOTEのようなユーザーアプリ独自の機能をスマートウォッチで使うことはできません。なぜなら当然ながらiOSのEVERNOTEはAndroid Wearアプリとの通信など実装されていないからです。もちろんユーザーアプリがApple WatchとAndroid Wear用の両方のコードを実装すればできますが、各サードパーティがそこまでするでしょうか?もちろんこの仕組みが普及すれば対応するでしょうが。GmailやGoogle NowなどのGoogleのアプリは対応するでしょうが「Android Wearアプリの標準的な機能+Googleアプリ」以外のユーザーアプリの機能は(少なくとも当面は)利用できない事になります。Android Wearの最大の利点(と私は思っている)であるウォッチフェイスの変更も上記のようなスマートフォン側に設定画面を設けているタイプは使用できない可能性が高いです。拡張性の低いデバイスは微妙です。iPhoneユーザーでスマートウォッチが欲しい場合には素直にApple Watchを購入するのが良いのかもしれません。

ではまた!

Source : Android Official Blog

 

タイトルとURLをコピーしました