スポンサーリンク
Amazon
PC

【Windows11の標準機能だけ】PowerShellでSSHを使う方法

WindowsでTeratermやPuTTYなどの外部ツールを使わずに、標準機能だけでSSHを使う方法を紹介します。

SSHはプロトコル(通信するための取決)ですので、Linux用という訳ではありませんが、LinuxサーバーやLinuxベースのRaspberry Pi OSにリモートログインするために良く使われています。

以前はWindowsからLinuxなどにSSHでリモートログインするためには、TeratermやPuTTYなどのツールをインストールしていたのですが、現在ではWindows標準のオプション機能として用意されているOpenSSHクライアントをインストールすればPowerShellで使えるようになります。Windowsのオプション機能だけですので、とても簡単に使えるようになります。

一応説明しておきますが、PowerShellというのは、Windowsをコマンドラインで操作するためのツールで、以前からあるコマンドプロンプトに替わるツールです。現在はこちらが主流になりつつあります。スタートボタンを右クリックしたときに出てくるメニューの「ターミナル」もしくは「ターミナル(管理者)」から起動します。

スポンサーリンク

WindowsでSSHを使えるようにするための設定

PowerShellでSSHと打ち込んでみましょう。インストールされていなければ下記のようにエラーになります。

インストールされている場合は下記のように、SSHコマンドの説明が表示されます。

この表示となった時は、インストールした事が、あなたの記憶から抹消されているだけですので、この記事はそっと閉じてOKです。インストールする場合は、スタートボタンを右クリックして[設定]を開き、左の[アプリ]→右の[オプション機能]を選択します。

[機能を表示]をクリックします。

[オプション機能を追加する]で[OpenSSH クライアント]にチェックを入れ、[次へ]をクリックします。

インストールの確認画面が表示されますので、そのまま[インストール]をクリックします。

すると[インストール中]と表示されて、インストールが開始されます。1~2分程度でプログレスバーが右まで伸びて[インストール済]と表示されればインストール完了です。

PowerShellで[ssh]と入力してすると、下記のようにコマンドの説明が表示されます。

試しに同じネットワーク内にあるRaspberry Piに接続してみます。[ssh -l pi raspberrypi.local]や[ssh -l pi 192.168.1.100](piは接続先のユーザー名、192.168.1.100はRaspberry PiのIPアドレス)で接続できます。

初めて接続する接続先だと[fingerprint]がどうのこうのと言ってきますが、[yes]を入力してください。これはSSHが接続先のキーを保存しておいて、もしも不正に接続先がすり替えられている場合にそのキーが合わないので警告するというセキュリティ対策です。例えば、Raspberry Piを新しいものに入れ替えて、IPアドレスやサーバー名を同じにすると接続できなかったりして、個人的には余計なお世話なのですが、世間様ではセキュリティファーストですのでしようがないところです。

[yes]を入力して、接続先のログインパスワードを入力すれば、リモートログインできます。

同じ接続先に2回目以降接続する場合には[fingerprint]うんねんはなく、いきなりパスワードを聞いてきます。


外部ツールを使用しても良いのですが、標準機能だけで完結すると何か気持ちが良いですよね。

スポンサーリンク
楽天モバイルを初めて契約する人はこちらのリンクから契約するとMNPの場合13,000円相当、MNP以外の場合でも6,000円相当のポイントがもらえます。
楽天モバイル紹介キャンペーン


mineo 楽天モバイル

IIJmioみおふぉん(eSIM)
\ この記事をシェアする! /
\ ゆるガジェChannelをフォローする! /
ゆるガジェCHANNEL