マジでアップロードし放題! 鈴鹿最高です! 徒歩?シャトルバス? 大人も子供も楽しめます! マジで面白い!
プライムフォトに写真3万ファイル380GBを一気にアップロード 控えめに言って最高のイベント 鈴鹿サーキット「モータースポーツファン感謝デー」 岩国基地フレンドシップデー 虎の巻 圧倒的物量!京都鉄道博物館 おっさん向け! おすすめマンガ

2017年03月26日

あれ?「3」じゃなくなったの?新型「TransBook T304UA」は「TransBook 3 T303UA」と何が違うのか比較

201703_16_000

このところSurfaceとのつばぜりあいが激しいASUSのTransBookですが、より仕様を細かく選択できる新型のTransBookを出してきました。「TransBook 3」の後継機「TransBook」です。どこかで見たような名づけパターンですが、深く考えたら負けです。そんなTransBook T304UAが従来のTransBook 3 T303UAとどこが変わったのかを見ていきたいと思います。

「ZenFone 3」に合わせるように、いきなり「ZenPad 3」「ZenBook 3」そして「TransBook 3」と「2」がないのに「3」を付けてきたASUSですが、ここへきて「TransBook 3」の後継機を「TransBook」として出してきました。

従来型のT303UAは基本的に1グレード(多少スペックダウンしてキーボードカバーが別売りとなった廉価版はあり)ですが、T304UAはCPU、メモリ、ストレージ、Officeの有無などの仕様別に4タイプが用意されています。

201703_16_010

CPUはCore i7からCore i3まで3タイプです。T303UAはCore i5でしたので、上と下に追加してフルラインナップになっています。ただし任意に組み合わせることはできず、Core i7のモデルの場合はOfficeが強制付属となります。

液晶の解像度が2880 x 1920から2160 x 1440になっていたり、USBポートがTunderbolt非対応になっています。USBの最大転送速度はT303UAでは10Gbpsだったのが5Gbpsへと半減です。これらはスペックダウンしていますが、従来のTransBook 3の弱点とされていたバッテリー駆動時間は5時間から8時間程度と大幅に改善しています。

従来型のT303UAと比較するならば、Office付属ではCore i5、メモリ8GB、SSD512GBの72512Sになります。価格はT303UAが129,800円だったのが164,800円に1万5千円ほど価格アップです。

Officeが付属しないモデルの場合は一致する仕様がありませんが、Core i5、メモリ8GB、SSD256GB(T303UAは512GB)の7200でしょうか。価格はT303UAの99,800円だったのが119,800円になっています。こちらはSSDが半減しているにも関わらず2万円も高価になっています。

確かにモバイル機器ですのでバッテリー駆動時間の向上は大きい改善点なのですが、TransBookはUSB充電できますのでモバイルバッテリーと組み合わせて運用できますし、CPUも大した差ではありません。個人的にはT303UAの方がおすすめだと思います。

ではまた!

Source : ASUS

大幅値下げで大注目!「ASUS TransBook 3 T303UA」を「Surface Pro4」と比較
Core m3搭載の廉価版「Surface Pro 4」のお買い得度は?

ASUS ノートパソコン TransBook T90CHI-3775 Windows10/8.9インチ/ダークブルー
Asustek (2015-11-07)
売り上げランキング: 15,757

posted by ゆるガジェCHANNEL | Windows
スポンサーリンク
  


格安SIMには必須知識 プライムビデオが凄い勢いで充実中 EXPANSYSの送料や関税 軽い!安い!キャンペーン情報付きkindl Fire TV StickをDLNAクライアントに!
ドコモ周波数帯まとめ プライムビデオやばい! EXPANSYSの税金・送料・保証 「キャンペーン情報付き」Kindleレビュー 新型Fire TV StickでDLNA!