スポンサーリンク
レビュー

コンパクト&おしゃれでおすすめ EC Technologyの新型Bluetooth4.0スピーカー

201510_06_010

私は一人暮らしで、ほぼ毎日料理をしています。そんな時に音楽でも聴きながら料理したいのですが、パソコンやオーディオシステムのスピーカーからは数メートル離れており、近くでフライパンがジュージュー、鍋がぐつぐつ、蛇口がジャージャーと音をたてると遠くからの音は相当大きくないとかき消されてしまいます。そこで手元に置いたスマホで音楽を掛けたりする訳ですがあの小さなスマホから出る音など量的にも質的にもたかが知れています。そこで価格も安くて、どこでもお手軽にスマホの音楽を再生できるBluetoothスピーカーの登場です。

 

今回は試供品によるレビューですが、本ブログは趣味でやっているブログですので悪い所ははっきりと書いてしまいます。レビュー依頼も製品が気に入らなければお断りしています。

201510_06_040

このスピーカーは改良されたマイナーチェンジ版で、外見はそれほど変わってはいませんが地道に改良されています。

ざっくり

201510_06_020

ちいさくて、おしゃれ。
どこででも大きな音で再生できます。
スマホに一切触る事なく、ボタン一つで掛かってきた電話に出てハンズフリー通話ができます。
同様にリダイヤルもできます。
再生・停止・選曲・音量変更がスピーカー側の操作で可能です。

Bluetooth4.0

201510_06_030

Bluetooth4.0はそれ以前のBluetoothとはコンセプトが異なるようです。Bluetooth3.*までは速度や高機能を求めて進化してきましたが、4.0からはある程度割り切って省電力に焦点を絞っています。機能的にも切り捨てている部分がある為、Bluetooth4.0以降とそれ以前では互換性がないので繋がりません。大体この2年くらいの機器は対応している感じで、Nexus7だと2012は対応していませんが2013は対応しています。ちなみにBluetoothが対応していなければステレオミニジャック入力があるので付属のケーブルで繋いで再生する事もできます。

Amazonの商品ページではiPhone対応を強調していますが、Bluetooth4.0に対応している機器であればAndroidスマホやiPad、Androidタブレット、iPod、Walkman、MacbookやWindowsパソコン等なんでも繋がります。今回は2014年春モデルのXperia ZL2にてレビューしています。

距離的には商品説明には「10m-15m」とありますが、地面に直置きすると5mくらいが限界でした。地面から80cm(丁度腰くらいの高さ)に両方を置けば20mくらい大丈夫です。ただし通信可能距離に関しては当然ながら再生する側の機器の性能にも依存します。

オシャレなインテリアとしてもいけます。

個人的にこの手のガジェットは外見の美しさも重視していますが、このスピーカーは十分に合格点だと思います。少なくとも安物にありがちなチープさは感じられません。ちょっと小洒落たキッチンやデスクの上に置くと凄く絵になると思います。普段目に触れる物ですので大切な事です。またボディ自体はグロスですので触ると指紋が付いてしまうのですが、ボタンはマッドな上面についているのでグロスのボディに指紋を付ける事なく操作できます。

音質は特筆するほど良くはないけど不満はないレベルです。

音質は特に「凄い澄んでいる!」とか「ド迫力の重低音!」という事はありませんが、値段や大きさを考えれば十分に高音質だと思います。もちろんスマホのスピーカーとは雲泥の差です。よくあるような安物スピーカーの「ビービー」いうような感じの音ではなく自然な感じの音です。ドラムの音などはドンドンと響くような感じではなく乾いた音と言いますかキレが良くて私は好みです。ちょっと大げさに言えばウーハーでいうと開放型ではなく密閉型のような感じです。店頭で聞いてみた1万円くらいするSONYや数万円するようなBOSEのスピーカーには勿論かないませんが、価格差は3倍とか10倍以上とかですから。そりゃそっちが良ければ大金を支払って購入すれば良いと思います。ちなみに音量はかなり大きな音が出せます最大音量にしても音が割れたりするような事はありません

ハンズフリー通話

このスピーカーはハンズフリー通話機能があります。音楽を聞いている時にスマホに着信すると音楽が一時停止して呼び出し音がなります。そこで上面のボタンを押すと電話をとってハンズフリーで通話できます。通話をこちらから切る時は上面のボタンを押すか、相手が切れば自動的に音楽の再生が再開されます。

素人芝居丸出しっぷりに撮り直そうかと思いましたが、これくらい「ゆるい」方がブログのコンセプトに合ってると思って公開しました(笑) 私はMVNOですし友人とはLINEなどで連絡をとっているので長時間の通話はしませんが、頻繁にかかってくるセールス電話をあしらうのにいちいちスマホを手にする必要がないのは重宝しています。

スタミナあります。連続再生は実測で34時間以上でした。

Amazonのスペック表には再生時間は「約8-12時間」となっていますが、かなり控えめに書いてあるなと思います。実際に再生時間を計測してみたところ34時間以上再生できました。最初は半日ほっとけばバッテリーが空になるだろうと思っていましたが、いつまでたっても再生し続けて週末では終わらず、平日に仕事から帰って2時間くらいずつ再生して1週間以上かかりました。その間に上記の動画も撮ったりしましたので実際にはもう少し伸びると思います。音量は最大音量の60%くらいで集合住宅だと近所迷惑になるか気になるくらい、スマホはすぐ脇に置いた状態で計測しました。電源ONで再生していない状態、いわゆる待機状態でのバッテリー持ちも調べようと思っていましたが、この感じだと何週間かかるかわからないので断念しました。

充電はマイクロUSBで充電しますのでスマホ用の充電装備やパソコンのUSBポートでOKです。外出先でも充電できるので便利です。充電時の定格電流値は500mAですので高性能なACアダプタでもパソコンのUSBポートでも充電時間は同じだと思います。充電に掛かる時間はメーカー公表値通り大体3時間弱でした。

201510_06_050

旧型に対するAmazonレビューの不満点が改良されています。

Amazonのレビューでは旧型の時点で高評価(★4つ)ですが、気に入った故に気になる個所というのも書き込まれています。EC Technologyはこのレビューをよく読んでいるようで新型ではユーザーの声にしっかりと応えて改良されています。

旧型は説明書が日本語に対応していない → 新型は日本語の説明書が付属してます

新型は日本語の説明書も付属しています。操作方法やBluetoothのペアリング方法も分かりやすく記載されていますので困る事はないと思います。ちょっと翻訳が「日本語でOK(笑)」な感じですが書いてある事は十分わかります。

201510_06_060

201510_06_070

旧型はボタン類が底面についている → 新型は底面にボタンはありません

個人的にはこれが一番気になっていました。しかし新型は底面にはボタンはありません。電源ボタンは上面ボタンの長押し、再生・停止・ハンズフリー操作も同じ上面ボタン、選曲や音量ボタンは背面についています。選曲・音量ボタンも上面にあった方が操作性は良いと思いますが外観との兼ね合いもありますし、操作頻度の低いボタンは背面で良いと思います。

旧型は音声が遅延する(?) → 新型は遅延しません

Bluetoothは遅延なども心配材料で音楽再生なら良いのですが映像を見ている時は遅延が大きいと困ります。遅延が大きくて使いものにならないとレビューされている方もいます。それほど酷いのはその方の再生側の機器の問題のような気がしますが、少なくとも新型を使ってみたところでは遅延は感じられません。ちゃんとビームライフルを打った瞬間にバキューン!と聞こえます。

201510_06_080

余談ですがXperiaの場合はムービーもスピーカー上面のボタンで再生・停止ができました。

旧型は接続時に再生される男性の雄叫びがやかましい → 新型は電子音です

新型は大丈夫です。男性の雄叫び(笑)ではなく「プポッ」って感じの電子音になっています。音量はもう少し小さくても良いかなと思いますが、そんな不快なほど大きい音ではありません。

こんなシーンで使うと良いと思います。

コンパクトで重量259gですので出張や旅行に持って行ってホテルの部屋で好きな音楽を聴くのに良いと思います。もちろんバーベキューなど野外でのイベント時にも気軽に持って行けますし、Amazonでは車の中での使用もレビューされています。

上でも書きましたが、私は一人暮らしで男ながらに割とマメに家事をしています。料理や食器洗い、掃除などオーディオシステムから離れた場所での家事の時に音楽を聞くことができるとかなり精神的に負担が減ります。これ音楽が好きな奥さんにプレゼントしたら絶対に高得点を稼ぐことができると思います。

あとがき

普通に良い製品でした。こんなに安くて良いのだろうかと思います。また、ユーザーの声に耳を傾けて新製品に生かす姿勢は凄く評価できると思います。以前にもMoto360用に購入したEC TechnologyのQiのワイヤレスチャージャーをレビュー(こちらは普通にユーザーとして購入しています。その投稿がきっかけで今回のレビュー依頼となったようです)しましたがこちらも良い製品でした。

 

201510_06_910 外出先でのMoto360のQi充電に最適?EC Technology ChargePad購入レビュー

ではまた!

Souce : EC Technology Best 5W Enhanced BASS Portable Mini Bluetooth 4.0 Speaker

 

タイトルとURLをコピーしました