スマホ関連

最速MVNOと名高いUQ mobileがターボ機能・データ容量くりこし・データチャージに対応

201510_09_010

au回線でのMVNOサービスのUQ mobileは速度が速い事で有名でしたが、オプションサービスがさっぱりなく使いどころが難しいため、個人的にはあまりお勧めしていませんでした。ところが遂にスタンダードなオプションサービスに対応したようです。これはもしかして最強MVNOの爆誕では?

通常MVNOは平日昼間の速度が1Mを切るのは避けられないのが通例ですが、UQ mobileは速度低下することもなく時にはキャリアであるauすら食ってしまうほどの爆速っぷりで有名でした。しかし「データ容量の繰越しもできない」「追加のデータ容量をチャージする事もできない」と使い勝手が悪くユーザーを選ぶ感じでしたが、11月よりこれらオプションサービスに対応する旨の発表がありました。

「UQ mobile」に、データチャージ等の便利なオプション機能を追加 – UQ Communicationsニュースリリース
201510_09_030

201510_09_020

これで爆速回線速度+使い勝手の最強MVNOが爆誕したと言って差し支えないでしょう。
ちなみに3日制限はmineoの3GB/3日に比べるとかなり厳しい1GB/3日ですが、実はどちらも現時点では制限が実施される事はないようです。もちろん今後回線が厳しくなって原因が短期間での集中的な使用にあると判断した場合には実施されるでしょうが。

MVNOでスタンダードなのはドコモ回線を使用したサービスですが、ドコモ回線のMVNOでAndroidを使おうとした場合は、
・ドコモの端末 → テザリングが出来ない
・SIMフリー端末→プラチナバンドやFOMAプラスエリアに対応していない
と何気に憂鬱な事情があります。もちろん最近ではNexusやZenfone(日本国内版)など、プラチナバンドやFOMAプラスエリアに対応したSIMフリー端末もありますが、選択肢は限られてきます。XPERIAの場合は上記のどちらかを選択する事になります(改造という手はありますが)
ところがau回線のMVNOは基本的にauの端末を使用する事になりますが、auの端末であれば特に機能が制限されるような事もありません。そして何といってもauの端末はドコモの端末やSIMフリー端末よりもかなり安く流通しています。auの端末にお気に入りの機種があればUQ mobileやmineoといったau回線のMVNOはかなりお勧めです。

ただしUQ mobileは利便性の悪さからユーザー数が爆発的に伸びる事がなく、結果速度を維持出来ていた側面があると思いますので、今回の利便性改善によりユーザー数が一気に増加して回線速度が落ちる可能性があります。過去速かったMVNOはそうして没落していったり、ユーザー数が減ったり設備を増設したりして復調したりといった具合ですので、回線スピードは来月にはどうなっているか分からない所があります。個人的にはMVNOの回線速度はあまり気にし過ぎてもしょうがないと思っていますが、それでもUQ mobileの回線速度がこの先どうなっていくのか要注目ですね。

ではまた!

Source : UQ mobile

  

タイトルとURLをコピーしました