マジでアップロードし放題! 鈴鹿最高です! 徒歩?シャトルバス? 大人も子供も楽しめます! マジで面白い!
プライムフォトに写真3万ファイル380GBを一気にアップロード 控えめに言って最高のイベント 鈴鹿サーキット「モータースポーツファン感謝デー」 岩国基地フレンドシップデー 虎の巻 圧倒的物量!京都鉄道博物館 おっさん向け! おすすめマンガ

2018年07月30日

わかってしまえば意外と簡単!カーエアコンの「真空引き」のやり方を理屈からわかりやすく図解します。

201807_05_000

今まで愛車のエアコンガスをDIYで補充してきたのですが、今年は成り行きで真空引きしてからエアコンガスを注入しましたので、今回も手順だけではなく理屈から図解して説明していこうと思います。真空引きは、なにか難しそうな感じがして敬遠していましたが、理解してしまえば実に簡単なことでした。

真空引きとは?

真空引きとは?の前にカーエアコンの仕組みを簡単に説明しておきましょう。理科の授業で「気体を圧縮すると発熱する」ことを習ったと思います。エアコンというのはこの特性を利用しています。

201807_05_020

まず気体をコンプレッサーで圧縮すると発熱します。すると外気温よりも高い温度になりますので外気で冷やします。圧縮すると80度とかチンチンな温度になりますので、例え外気温が40度の灼熱だったとしても冷やす(熱エネルギーを奪う)ことができます。

次のその気体をエバポレーターの入口で一気に圧力を下げてやれば、外気温で奪った熱エネルギーの分だけ、コンプレッサーで圧縮する前の温度よりも下がっているという訳です。

その気体は空気では効率が悪いので、もっと適した「冷媒」と呼ばれるものを使用します。いわゆるエアコンガスです。エアコンの配管内をこのエアコンガスで満たすためには一度空気を抜く必要があります。この作業が「真空引き」です。なんの事はありません。ポンプで配管内の空気を吸い出すだけです。

もう少し実際の配置に近い図に書き換えたのが下図です。色は温度ではなく圧力を示しています。

201807_05_030

低圧側とか高圧側という単語が出てきますが、コンプレッサーで圧縮される前が低圧側、圧縮後が高圧側です。この高圧側と低圧側の接続ポートにそれぞれマニホールドゲージのホースを繋いで空気を抜きます。

ちなみに通常はエアコンガスが配管内に残っている場合は真空引きはしないで、そのまま補充するのですが、なんらかの要因で空気が混入している場合は、やはり一度エアコンガスを全て抜いて真空引きをする必要があります。

私の場合は補充しようとして誤って、残り少ないガスを全て抜いてしまった為に真空引きが必要になりました(汗)

本記事の対象となるのはエアコンガスがHFC-134aの車

エアコンのガスには色々と種類があります。1990年頃までのカーエアコンにはR12と呼ばれるフロンガスが使用されていました。R12用の道具や補充用ガス缶も売っていますのでDIYでできると思いますが、この記事では取り扱いません。

逆に2013年頃よりHFC-1234yfという新しいガスに切り替わり始めています。このタイプは専用の機械が必要らしいのでDIYではできない(?)とかなんとか。まぁこの年代の車はまだエアコンのガス補給は必要ないでしょう。

今回対象となるのはその間のHFC-134aという、いわゆる代替フロンと呼ばれるガスが使用されているタイプの車です。R12は結構な旧車、HFC-134aは程よい旧車用といった感じです。たぶんこの記事にたどり着いたほとんどの人の車はHFC-134aでしょう。

201807_05_420

HFC-134aなのかどうかは、エンジンルームのエアコンガスの補充用接続ポートを見ればわかります。上の写真のように「H」と「L」のキャップがあればHFC-134aです。

注意事項

ガスの大気開放は違法ですが、、、

エアコンのガスを大気に排出することは違法になります。しかし、実際にはどうしても多少は排出することになります。業者がバンバン排出するのが問題になる訳で、個人が多少排出してしまうのはしょうがないのではと思います。HFC-134aは代替フロンで環境負荷が低いものです。

ちなみにエアーガンで使用されるガスは同じHFC-134aです。もちろんBB弾を発射するたびに大気に排出されます。このことが許されていることからも、個人的に多少排出してしまうことはあまり問題ではないと考えらます。もちろん排出するべきではないのは確かですので、なるべく少なくする努力はしましょう。あくまでも違法であることは認識しておいてください。

途中で手順を間違えるとガス缶が破裂する可能性がある工程があります。

真空引きが終わった時点で高圧側のバルブは閉めて、それ以降開けることはない(ガスの注入は低圧側から行う)のですが、もしもガス缶を接続した状態で高圧側のバルブを開きっぱなしにしてエンジンを掛けていると、ガス缶に高圧側の圧力が逆流して破裂することがあるそうです。ガス缶もそんなに簡単に破裂するような強度にはなっていないだろうと思いますが、危険があると言うことは念頭においてください。

本記事では、正規の手順通りに高圧側の圧力も確認しながらガスの充填を行なっていますが、簡易型のチャージングホースの場合は低圧側のみでガスの補充を行いますし、真空引きと機密チェック後は高圧側のホースは車輌の接続ポートから外してしまっても良いと思います。

真空引きに必要な物と、その金額

今回使用した工具はアストロのマニホールドゲージと真空ポンプです。この2つの道具があれば、後は補充用のガス缶だけ購入すれば必要なものは揃います。ちなみにマニホールドゲージがあれば、真空引きをしないでガスの補充のみを行うこともできますので、補充用のチャージングホースを別途購入する必要はありません。

エアコンガス(HFC-134a)

201807_05_100

エアコンガスは大抵の場合は写真に写っているように1缶200gです。本記事では1缶200gを前提に話を進めます。HFC-134aであればどれでも同じものです。1缶で500〜700円程度です。

ガス缶が何缶必要かはもちろん車によって異なりますが、これに関しては後述します。

マニホールドゲージ

201807_05_110

マニホールドゲージは本体と各ホースやコネクタを接続する必要がありますが、わかりやすく色分けされていて間違いようがありません。これが組み立てることができないレベルの人だと、この作業はやめておいた方が良いです(笑)

低圧側と高圧側は大きさが異なるのがわかります。大きいほうが高圧側のコネクタですので赤いホースへ接続します。黄色ホースにはガス缶や真空ポンプを接続します。

201807_05_120

以前、補充で使用したチャージングホースはコネクタがプラスチック製でしたが、このマニホールドゲージは金属製でしっかりとしていて安心感があります。ただし接続ポートに接続した状態でホースをひねったりした時にホースとの接続部が緩みやすいので、硬めに締め付けておいた方が良いです。私は途中で緩んで慌てました。

実は今回エアコンガスを補充しようとして抜いてしまったのは、安価なチャージングホースのプラスチック製のコネクタが破損(製品のせいではなく自分が壊していた)していたことが原因でしたので、補充用としても少し奮発してマニホールドゲージを購入しておくと良いかもしれません。マニホールドゲージは1万円程度です。

現在はアストロのマニホールドゲージはかなり品薄のようです。

真空ポンプ

201807_05_130

真空ポンプもホースの接続口が1つと、電源スイッチがあるだけなのですが、こちらは使用前にオイルを入れる必要があるのが注意点です。

ホースの接続や電源スイッチは見ればわかるレベルですので、説明書を見ないで使い始めてしまいがちですが、オイルを入れないで使用すると故障しますので、これだけは気を付ける必要があります。私は危うくやってしまうところでした。

オイルは窓の真ん中くらいまで入れるように指示されていますが、付属のオイルがほぼ全量入ります。価格はこちらも1万円ほどです。真空ポンプは形が一緒でも出力が違ったりしますので気をつけてください。

なお、真空ポンプを動作させるにはコンセントが必要です。賃貸住宅の場合はこの時点で少しハードルがありますね。私は自分の部屋から数本の延長コードを繋いで車のところまで持ってきます。


道具は合わせて2万円程度の出費です。真空引きと一緒にガスチャージをプロに依頼しても2万円までは掛からないと思いますが、マニホールドゲージがあれば以降のガス補充もできますし、失敗しても真空引きからやり直せば良いと言うのは安心感があります。知らず知らずの内に空気が混入するようで、完全に空になっていなくても古いクルマは一度、真空引きすると冷え冷えになったりするかもしれません。

メモリの読み方と圧力や充填量の適正値

201807_05_300

このアストロのマニホールドゲージは、もちろん圧力ゲージ(圧力メーター)にメモリは振ってあるのですが、どのくらいの圧力までエアコンガスを入れれば良いのかがわかりません。一応説明書には低圧側圧力が0.15〜0.25MPaが適正値とは書いてありますが、以前使っていた補充用のチャージングホース(下の画像)には、LOW、FULL、ALERT、DANGERと振られていましたので、プロットしてみたいと思います。

201807_05_310

チャージングホースのメモリの単位はpsiになっています。マニホールドゲージに書かれているように1MPa=145psiですので、145で割ればMPaに換算できます。

〜25psi = 0.17MPa LOW
〜45psi = 0.31MPa FULL(適正値)
〜65psi = 0.45Mpa ALERT
65psi〜 = 0.45Mpa以上 DANGER

ですので、ゲージにプロットしてみると下の画像のようになります。

201807_05_320

濃青がマニホールドゲージの説明書に記載されている適正範囲、水色がチャージングホースで示されている適正範囲です。マニホールドゲージの説明書では適正値は0.15〜0.25MPaと書いてありますが、チャージングホースでは0.17〜0.31MPaです。結構適当ですね。そもそも0.15〜0.25というのも1.7倍もの幅がある数値ですのでアバウトなものです。

高圧側はチャージングホースにはありませんので、マニホールドゲージの説明書に記載されている値1.45〜1.75MPaが適正値です。コンプレッサーで10倍くらいに圧縮されているということですね。

まぁこのあたりを目安にガスを入れていきます。ちなみにAsadaというメーカーのガスの補充機器用に車種ごとの充填量がgで記載されている資料が公開されています。

フロンクリーナシリーズ用 冷媒充填量データ集 - アサダ株式会社

ちなみに私の愛車(RX-7)は500g ± 50となっていますので、200gの缶を2缶だと少し足りなく3缶だと少し多いという悩ましい充填量ですが、結果的には2缶を注入しました。

1つ注意なのは、これらの圧力値はエンジンを掛けてエアコンが稼働状態での値であることです。

真空引きの手順

それではいよいよ真空引きの手順です。

エンジンは停止状態で。

201807_05_400

真空引きはエンジン停止状態で行います。最後までエンジンをガス缶1缶目の注入終了までエンジンを掛けることはありません。

マニホールドゲージの低圧側と高圧側のバルブを閉める。

201807_05_410

時計回りで閉まります。

車両の接続ポートにマニホールドゲージを接続する。

201807_05_420

201807_05_430

車両の接続ポート「L」に低圧側のホース(青)を、「H」に高圧側のホース(赤)を接続します。LやHのプラスチック製のキャップはネジですので回して外してください。LとHは大きさが違うので間違って逆には挿さらないようになっています。

このマニホールドゲージのカプラは外側をスライドさせるて押し込んでスライドを戻すと固定されます。抜く時もスライドさせると引き抜くことができます。金属製のコネクタですので精度感があって安心できます。

201807_05_440

完全にガスが抜けている場合はこの時点でマニホールゲージ、車両側の配管内は全て大気圧です。ガスが残っている場合は、この後の真空引きで抜いてしまうことになります。

ちなみにこの時点でエンジンを掛けて、エアコンをONにすれば、その時点での圧力をマニホールドゲージの圧力ゲージで見ることができます。どちらにしろ真空引きしようとする時点であまり意味のない値だと思いますが。もしもエンジンを掛けた場合は次の工程に行く前に停止してください。

黄色のチャージホースに真空ポンプを取り付ける。

201807_05_460

真ん中の黄色いホースに真空ポンプを取り付けます。真空ポンプ側は黒いキャップが付いていますので、時計回りに回して外してください。

マニホールドゲージの低圧側と高圧側のバルブを開ける。

201807_05_470

この時点で車両側の配管から真空ポンプまでが全て繋がっている状態ですが、もちろん全ての箇所は大気圧です。車輌側の配管内にガスが残っている場合はそのガスが真空ポンプ側まで入ってきますので、それなりに圧力が残っている場合はプシュとか音がするかもしれません。

今回は車両の配管内のガスは空ですので、低圧側、高圧側の圧力ゲージは共にほぼ0MPa(大気圧)を指しています。

201807_05_480

真空ポンプをON

201807_05_490

真空ポンプにオイルは入れましたね?

201807_05_500

それでは真空ポンプの電源をONにして真空引きを開始します。低圧側と高圧側の両方からポンプが空気を吸い出しますので、マニホールドゲージや車輌の配管内の圧力は下がっていきます。

圧力ゲージを見ると低圧側、高圧側が共に負圧(0よりも低い値)になっていきます。

201807_05_505

割とすぐにこのような値になって、あとはほんの少し下がるだけですが、説明書では5分が目安と書いてありますので、5分間くらい放置します。説明書に「真空ポンプの音が静かになったら」とありますが、カラカラ音は5分よりももっと早く静かになりますし、完全に静かにはなりません。

5分後に低圧側と高圧側の圧力ゲージの値をメモる。

5分くらい経過したら低圧側と高圧側の圧力ゲージの値をメモしてください。この後の気密の確認に必要となります。上の画像のように圧力ゲージをスマホカメラで撮影しておくのが良いでしょう。

マニホールドゲージの低圧側と高圧側のバルブを閉じる。

低圧側と高圧側の両方のバルブを閉じます。

201807_05_520

この時点で配管内は負圧(だいたい真空)となっているはずです。

真空ポンプをOFF

201807_05_530

真空ポンプの電源をOFFにします。前の工程で低圧側と高圧側の両方のバルブを閉じていますので、車両側の配管と青ホース、赤ホース内は繋がっていて、黄色ホース以降は切り離されている事になりますが、説明書にはまだ真空ポンプなどは繋いだままにしておくように記載されていますので、そのままにしておきます(バルブを閉じているので真空ポンプはもう切り離して良いと思いますが一応)

真空引き後の気密チェック

ここからしばらく放置して漏れがないかの気密チェックを行います。圧力ゲージの値はメモしていますね?

そのまま10〜20分放置する。

20分放置しました。30分でも40分でも1時間でも良いと思います。そのくらいで圧力が変わってしまうようではガスを入れてもあっという間に漏れてしまいますので。

予めメモしておいた圧力ゲージの値と比較する。

201807_05_600

ここで真空引きの最後にメモしておいた圧力ゲージの値と比較します。私の場合はピッタリ一致しました。説明書には「0に戻らないことを確認」となっていますので車種によっては多少圧力が上がる(0に戻ろうとする)のかもしれません。少し戻っている場合は、更に時間を開けて、それ以上圧力が上がらないことを確認するのが良いと思います。

真空ポンプを取り外す

もう真空ポンプは必要ありませんので、黄色ホースから切り離します。

ガス缶1缶目の注入手順

エンジンは停止状態で。

201807_05_650

真空引き後の1本目のガス缶はエンジンを掛けないで注入します。真空引きによって車輌の配管内は真空になっていて負圧になっているからです。

ガス缶にサービス缶バルブを接続する。

201807_05_660

マニホールドゲージに付属していたサービス缶バルブをガス缶に接続しますが、ガス缶側の針が引っ込んでいることを確認してください。

201807_05_670

ガス缶のネジ部分はグレーのパッキンがコーティングされていますので、そのままねじ込むことで気密されます。

サービス缶バルブを黄色ホースに接続する。

201807_05_680

サービス缶バルブを黄色ホースに接続します。

サービス缶バルブを閉めてガス缶に穴を開ける。

201807_05_690

バルブを締め込んでガス缶に蓋をしているパッキンに穴を開けます。上の画像は既にねじ込んだ状態です。この時点ではサービス缶バルブの針が穴を塞いでいます。

サービス缶バルブを開いてガス缶と黄色ホースが繋がった状態にします。

201807_05_700

上の画像は既にバルブを開いた状態です。

パージバルブから黄色ホース内の空気を抜く。

ガス缶に穴をあけて、ガス缶内から黄色ホース内へ圧力が掛かっていますが、黄色ホース内の空気は逃げ場がないので、その場に留まっています。このまま低圧側バルブを開けてしまうと、せっかく真空引きしたのに車輌の配管内に空気が入ってしまいますので、黄色ホースの付け根にあるパージバルブを開けて空気を排出します。

201807_05_710

パージバルブはキャップを回して外して、中のポッチを押してやる(爪で押せます)とプシュっとガス缶内の圧力で排出されます。一瞬で空気は排出されてガスが勢いよく出てきますので、方向に気をつけてください。私はモロに顔にガスを噴射してしまいました。

これで黄色ホース内の空気を抜いて、ガスで満たすことができました。

低圧側バルブを開ける。

201807_05_720

ここまでの工程でガス缶から低圧側バルブまでがガスで満たされましたので、いよいよ低圧側のバルブを開いてガスを注入します。開くのは低圧側です。高圧側は開かないようにしてください(エンジンを掛けない1缶目では高圧側も開けて両方から注入すれば良い気がしますが、エンジンを掛ける2缶目以降で事故にならないように一律高圧側は開かないことになっているのだと思います)

この時点でガスの注入が始まります。

低圧側バルブを開けた時の圧力ゲージの値はガス缶からの圧力により結構上がります。低圧側は既定値を大幅に上回るのでビックリしますが、あくまでもガス缶からの圧力です。

201807_05_730

ガス缶を振って注入されるのを待つ

201807_05_740

ガスはガス缶内の圧力と車両側の配管内が真空(圧力低い)であることにより吸い込まれていきます。真空に吸われるイメージから、もっとシューと音がしたり、圧力が急激に下ることで缶が冷たくなったりするのかと思っていましたがそれほどでもなく、あまり吸われている感はありません。ガスは缶の中で液化していますので、振ることで気化させて吸わせます。そんなに一生懸命に振る必要はありません。

1缶の注入終了の判断

エンジン・エアコン停止状態で注入する1本目は、かなり時間がかかります。私は15分くらい缶を振っていました。最初のうちは缶を振っていると中で液化したガスがあるのがわかりますが、段々と少なくなっていくのを感じます。

仕組み上、ガスを完全に注入しきる事はできないのですが、缶を振っていると「大体カラになったなぁ」というのがわかります。

201807_05_750

振っているとガスが気化することで体積が増えて圧力ゲージの値は上がっていきます。私の場合は上の画像くらいまで上がりました。先にも書きましたがエンジン・エアコン停止状態の値ですので有意な値ではありません。値は車種や外気温でも変わると思いますので目安で。

エアコンのコンプレッサーは動いていませんので、低圧側と高圧側の圧力が同じ0.68MPaくらいであることが見て取れます。

低圧側バルブを閉める。

201807_05_760

低圧側バルブを閉めて1缶目の注入は終了です。続いて次の章で2缶目を注入しますのでガス缶のみ取り外してください。ガス缶は完全に空にはなりませんので、ガス缶を取り外した時に残りのガスがプシューと出ますので慌てないでください。

もしも1缶目注入状態で圧力ゲージの値を確認したい場合は、低圧側と高圧側のバルブを閉めたままでエンジンを掛ければ確認することができますが、1缶しか入らない車種はないと思いますので、本記事ではこのまま2缶目の注入作業に入ります。ちなみ2缶目を注入する前提であれば、ここで確認しなくても2缶目の注入開始直前にはこの1缶目注入後の圧力を見ることができます。

2缶目以降のガスの補充手順

概ね1缶目と同じ手順ですが、2缶目以降はエンジンを掛けた状態で注入します(まだエンジンは掛けないでください)

最初はエンジンを停止状態で。

201807_05_800

ガス補充の注入時はエンジンを掛けますが、最初は停止した状態にしておいてください。

低圧側バルブと高圧側バルブが閉まっていることを確認する。

201807_05_810

1缶目注入終了時点で既に両方閉まっているはずです。

ガス缶にサービス缶バルブを接続する。

1缶目と同様の手順でガス缶をサービス缶バルブに接続してください。1缶目と異なるのはサービス缶バルブに既に黄色ホースが接続されている点です。

201807_05_820

マニホールドゲージに付属していたサービス缶バルブをガス缶に接続しますが、ガス缶側の針が引っ込んでいることを確認してください。

201807_05_830

ガス缶のネジ部分はグレーのパッキンがコーティングされていますので、そのままねじ込むことで気密されます。

サービス缶バルブを閉めて開いてガス缶に穴を開ける。

201807_05_840

201807_05_850

1缶目と同様の手順でサービス缶バルブを閉めて穴をあけ、再びバルブを開くことでガス缶と黄色ホースが繋がった状態にします。

パージバルブから黄色ホース内の空気を抜く。

201807_05_860

これも1缶目と同様です。パージバルブの中のポッチを一瞬だけ押してやることでプシュっと黄色ホース内の空気を抜きます。ガス缶内の圧力で押し出します。勢い良くガスが吹き出しますので顔にかからないようにパージバルブの方向に気をつけてください。

エンジンを掛けてエアコンをONにする。

201807_05_870

201807_05_871

真空引き後の1缶目と異なるのはここです。エンジンを掛けてエアコンを最大出力で作動させてください。常にエアコンが動作するように窓やドアも開けっぱなしてください。

エアコンのコンプレッサーを作動させることでコンプレッサー手前の低圧側の圧力が下がり、コンプレッサー後の高圧側の圧力が上がります。

この時点で低圧側、高圧側の圧力を圧力ゲージで確認することができます。下の画像は2缶目注入直前、つまり1缶のみ注入した時点での圧力です。エンジン始動前よりも低圧側の圧力が下がり、高圧側の圧力が上がっていることがわかります。低圧側、高圧側共にまだ規定値には達していませんので2缶目を注入します。

201807_05_873

この段階で低圧側、高圧側の圧力が既定値の範囲に入っていれば補充の必要はありません。エンジンを停止して作業終了です。

既に車両の配管内は真空ではありませんので、エアコンのコンプレッサーを作動させることでコンプレッサー手前の低圧側の圧力を下げることでガスを注入しやすくするわけです。それでも大気圧以上なので接続ポートからは圧力が掛かっているのですが、ガス缶からの圧力の方が高いので押し込む形になります。

低圧側バルブを開ける。

201807_05_880

低圧側のバルブを開いてガスを注入します。開くのは低圧側です。高圧側は開かないようにしてください。ここで高圧側を開くと、車輌のコンプレッサーで圧縮された高圧がガス缶に逆流して最悪ガス缶が破裂します。

低圧側バルブを開けた時の圧力ゲージの値はガス缶からの圧力により上がりますが、徐々に下がっていきます。

ガス缶を振って注入されるのを待つ

コンプレッサーが吸い込む効果があるのか、1缶目よりも缶の内部の圧力が急激に下がることで、缶がキンキンに冷えます。手で温めたりしながら軽く振ります。

注入終了の判断

1缶目よりは格段に早く5〜10分ほどで缶が軽くなり、冷えないようになって、振っていても中の液体感がなくなってきます。仕組み上、ガスを完全に全て注入しきる事はできないのですが、缶を振っていると「大体カラになったかな」というのがわかります。

低圧側バルブを閉める。

201807_05_890

低圧側バルブを閉めて注入終了です。

圧力ゲージを確認する。

低圧側と高圧側の圧力ゲージを確認します。適正値である低圧側が0.15〜0.25(チャージングホースの表示では0.17〜0.31)MPa、高圧側が1.45〜1.75MPaに入っていれば終了です。足りなければ次のガス缶を注入します。

私の場合は2缶目終了時に、低圧側が0.32MPaと上限ギリギリオーバー、高圧側が1.42MPaと下限ギリギリアンダーと悩ましい状態でした。コンプレッサーの性能が一般的なものより低いって事なのかもしれませんが、17年落ちの車ですので性能も低下しているでしょう。

201807_05_895

既定値はあくまでも「一般的な値」ですので、車種によっても多少は違うと思います。

個人的には「黄信号(ALERT)の真ん中くらいまでおk」な性格ですし、2缶で合計400gの注入量ですので、前述の表の規定量である500±50に50g届いていません。高圧側がオーバーするのはマズイと思いますが、たぶん低圧側はオーバーしても問題ないと思います。そう考えると、もう1缶入れたい衝動にかられましたが、エアコンの冷え具合は十分でしたので2缶で終了しました。きっと来年少し抜けた頃に1缶補充すれば丁度よいくらいでしょう(適当)

エンジンを止める。

201807_05_900

エンジンを停止して終了です。ガス缶は完全に空にはなりませんので、ガス缶を取り外す時に残りのガスがプシューと出ますので慌てないでください。

続いて次のガス缶を補充する場合は、この「2缶目以降のガスの補充手順」を最初から繰り返してください。

終了する場合は車輌側の接続ポートより低圧側、高圧側カプラーを抜いてください。カプラーは外側をスライドさせることで抜けます。

車両側の接続ポートのキャップを忘れないように取り付けておきます。

201807_05_930

まとめ

201807_05_990

私の愛車であるRX-7はよくネット上で「エアコンの効きが悪い車」と言われているのですが、そんな事はありません。皆さんガスが足りないか空気が混入しています。古い車は一度真空抜きするのが良いかもしれません。

真空引きは真空ポンプが必要だったり、マニホールドゲージのルックスが仰々しいので、難しそうなイメージを抱いていましたが、理解してしまえば非常に単純な作業でした。間違いのないように念押ししながら書いていますので長くなりましたが、まとめると

真空抜き
高圧側、低圧側接続ポートに赤色ホースと青色ホースのコネクタを接続する。
黄色ホースに真空ポンプを接続する。
高圧側低圧側のバルブを開ける。
ポンプを動作させて5分放置
高圧側低圧側のバルブを閉める。
数十分そのまま様子をみて気密が保たれているか確認する。

1缶目注入
黄色ホースに缶を接続する。
パージバルブから黄色ホース内の空気を抜く。
低圧側のバルブを開ける。
缶を振って注入する。
低圧側のバルブを閉める。

2缶目注入
黄色ホースに缶を接続する。
パージバルブから黄色ホース内の空気を抜く。
エンジンを掛けてエアコンを稼働させる。
低圧側のバルブを開ける。
缶を振って注入する。
低圧側のバルブを閉める。
エンジンを切る。

と、これだけです。理屈を理解してしまえばなんのことはありません。

あ、お決まりですが、本記事を参考にして、もしあなたやあなたの車に何かあっても当方は一切感知しません。自己責任でお願いします(こんな断りをいちいち書くのは嫌いなのですが、こんな時代ですので。。。)

ではまた!

カーエアコンのガスをDIYで補充する方法を図解で理屈から説明するよ!
Raspberry PiにSambaをセットアップ!NASは実用レベルで使えるか?
気になるAmazon Echoの電気代は?実際に消費電力を計測してみました。

posted by ゆるガジェCHANNEL | 車関連
スポンサーリンク
  


格安SIMには必須知識 プライムビデオが凄い勢いで充実中 EXPANSYSの送料や関税 軽い!安い!キャンペーン情報付きkindl Fire TV StickをDLNAクライアントに!
ドコモ周波数帯まとめ プライムビデオやばい! EXPANSYSの税金・送料・保証 「キャンペーン情報付き」Kindleレビュー 新型Fire TV StickでDLNA!