マジでアップロードし放題! 鈴鹿最高です! 徒歩?シャトルバス? 大人も子供も楽しめます! マジで面白い!
プライムフォトに写真3万ファイル380GBを一気にアップロード 控えめに言って最高のイベント 鈴鹿サーキット「モータースポーツファン感謝デー」 岩国基地フレンドシップデー 虎の巻 圧倒的物量!京都鉄道博物館 おっさん向け! おすすめマンガ

2017年05月24日

今おすすめのスマートウォッチはどれか?比較してみました。

201705_04_000

ガジェット好きとしては便利であるというよりも先に、スマートウォッチのようないつも見につける系のガジェットには弱いものです。私もMoto360を愛用してきましたが、少し前にバッテリーの調子が悪くなってしまいました。懲りずに新しくスマートウォッチを検討していますが今はどれを買えば良いのか?おすすめのスマートウォッチを考えていきたいと思います。

基本的にはスマートウォッチは「かっこよければそれで良い」と思っているのですが、いくつかクリアしたい条件があります。

・バッテリーが1日以上もつ
・外出先でバッテリー切れに備えることができる
・Android Wear 2.0である、またはアップデート予定である
・汎用のバンドが装着できる
・できれば新しいモデル

基本的にはAndroid Wearで考えていますので、製品によってできることにはそれほど差はないはずです。別に丸型に拘る気はないのですが、今はほとんど丸型になっていますので今回の候補はすべて丸型です。

3rdが出ていれば、、、「Moto360 2nd」

201705_04_010

Moto360ユーザーですので当然後継機であるMoto360 2ndは真っ先に検討対象となります。個人的にはスマートウォッチが普通の時計の形をしている必要はないと思っていますが、デザイン的には今回の比較対象の中ではMoto360 2ndが一番好みです。NATOタイプも含めて、汎用のバンドが使える点も非常に高ポイントです。

ただ、まだ歴史の浅いAndroid Wearは進化も速いので1年型落ちというのはちょっとどうだろうというのはあります。特に他の製品のSoCはスマートウォッチ(ウェアラブル)用に開発された新型のSnapdragon Wear 2100が採用されていますが、Moto360 2ndは旧来のスマホ用のSoCであるSnapdragon 400を搭載しています。スマートウォッチには今のところパフォーマンスが求められるようなことはありませんし、Moto360 2ndはバッテリー持ちも充分のようですので気にならないといえば気にならないのですが。

そして旧型なのに非常に高価でしかも品切れ気味であるというのが決定的です。コニャックの46mmモデルが3万円であれば購入していたと思います(42mmモデルやSportsは安価に販売されています) メーカーの偉い人はMoto360の次期モデルは今のところ予定なしと言っているらしいです。残念。儲からないのかな、、、

「大本命!」だったはず、、「LG Watch Sport」「 LG Watch Style」

201705_04_020

「NexusやPixcelのようなGoogleのAndroid Wareが出る」と噂されていましたので、ずっと待っていました。ところが出てきたのは「Googleが口出しした(?)LGのAndroid Ware」で、その名も「LG Watch」です。正直ガッカリしました。NexusだってLGが製造しているじゃないかって?そういう問題ではないのです。

そう言ったメンタル的なところは置いておいて、冷静に見ても微妙な感じがします。まずはそのサイズ(厚み)です。

201705_04_030

いかがでしょうか?この野暮ったい感じ。厚みは実に14mmを超えています。確かにLG Watch Sportsは全部盛りのハイスペックです。しかしNFCはFelicaに対応できるType Fではありません(つまりEdyやSUICAは使えない)ですし、LTEもなにに使うのか今ひとつピンときません。LG Watch Sportsは現状のAndroid Wearでは使い所のない高性能なのです。そして高性能故に高価なのは自明です。

ほかにも決定的に気に入らない所があります。それはバンド交換ができないことです。汎用品が使えないだけでなく専用品ですらバンドの選択肢がありません。個人的には致命的です。

ではLG Watch Styleはどうでしょう。

201705_04_040

こちらは標準的な厚みでデザインもシンプルで清楚感があります。バンドも汎用品が使えます。しかしこちらは逆にライバル達にスペックで劣るところがあります。特にバッテリー容量が心もとない感じがします。ネット上の評判では「1日ギリギリ」だそうです。3万円半ばで販売されていますのでバッテリー容量がライバル並であれば充分に候補になりえたと思いますが、、、

そしてLG Watch SportsもLG Watch Styleも日本で発売していませんし予定もありません。最近の日本市場の相手にされていない感は悲しい限りですね。LG Watch StyleはAmazonに並行輸入品が出品されています。手頃なお値段なので悪くないと思います。

地味ではあるけど悪くない「Fossil Q MARSHAL」

201705_04_050

家電屋ではなくファッションブランドの製品であるというのが売りのFossil Q MARSHALです。実際オシャレな感じがしてデザインは好みです。バンドも汎用品が使えます。スペック上は厚みがLG Watch Sport並にありますが、どう見てもそんなに厚くはなく、恐らく下に飛び出ているバンド取付部まで含めた厚みを記載しているのでしょう。

特徴がなくて平凡な感じもしますが、逆に取り立てて弱点もないように思えます。あえて言えば公式サイトの商品ページがイマイチ購買意欲を高める感じに乏しいところでしょうか(笑)。値段も手頃で悪くない選択肢だと思います。

ASUSにしては高いけどベストバランス?「ZenWatch 3」

201705_04_060

最近ITガジェット方面への進撃が激しいASUSの新型です。ZenWatch 2は安いけどデザイン的にパッとしないスマートウォッチでしたが、ZenWatch 3はイケてる感じになりました。

充電は今回の中では唯一ワイヤレス充電に対応していませんが、個人的にはワイヤレス充電は効率が悪い感じがしますし、外出先で充電しにくいのでZenWatch 3のマグネット式がベストだと思います。ASUSはこのあたりの良い感じに手を抜くバランス感覚が良いなと思います。

少々高価ですがバッテリー容量を増やす専用バッテリーパックがあるのもポイントです。腕時計ですからバッテリーが切れたからといって外出先で充電するのもなんだなと思い、Moto360ではバッテリーが切れても諦めてそのままにしていたのですが、これなら直ぐにポンと装着すれば済みます。当然厚みが増える訳ですがバッテリーが切れた時だけの緊急措置ですので問題ないでしょう。

デザインも実物を見ると写真よりもずっと高級感を感じます。バンドが専用品のみなのが気になりますが、純正品のレザーバンドが結構質感高いのでコレで良いかという気になります。そのうち社外品が出るかな?

201705_04_070

個人的にはこのZenWatch 3が最右翼です。というか初っ端のアイキャッチ画像でネタバレしていますが、実は既に購入していてバッテリーの持ちなどのデータ取り中です。じゃぁこの記事なんだ?(笑)

番外編「Apple Watch SERIES 2」

201705_04_080

私はスマホはAndroidの方が好きですが、Apple Watchが発表される前は「Apple WatchがカッコよかったらスマホをiPhoneに変えることも辞さない」と思っていました。残念ながらその必要はありませんでしたが。発表前のファンが作成したフェイク画像がどれもカッコ良すぎて反動が大きかったのは確かですが、予想よりも少ししたという最近のAppleのパターンです。スマホだって最初は「あんなので電話していたら笑うわ」とか言われていたのにiPhoneで世界を変えたのですから、Apple Watchももっと革新的なデザインを期待していたのですが、登場したのはご存知の通り世界中のスマートウォッチの無難ランキングのしたから3番目(謎順位)くらいのものです。

そしてなんと言ってもウォッチフェイスがAppleが用意したものしか選択できないのが致命的です。もちろんAndroidは世界中の人がデザインした個性的なウォッチフェイスがGoogle Playにあふれています。ブツブツがたくさん表示されるようなホーム画面も良さが理解できません。デザイン的にも内容的にもイケてないのです。

もちろん良い所もあります。Apple Watchに限りませんがApple製品はとにかくサードパーティーのアクセサリーが充実します。JKにiPhoneが人気の理由が「可愛いケースがたくさんあるから」なんてのもうなずけます。Apple Watchもサードパーティーから多数のバンドが安価に発売されています。汎用バンドを使用するためのアダプタまであります。これは本当に羨ましいです。

201705_04_090

それから私は田舎者ですのであまりSUICAは使いませんが、Felicaチップが内蔵されているのも高ポイントだと思います。まだ動きがいまいちな所もあるようですが腕時計をかざしただけで改札を通過できるのはスマートだと思います。読み取り機が右にあるので左腕に付けているとどうかな?というのはありますが。

価格もお手頃になりましたし、ブログの確認用に購入したiPhone 5cがあるので使ってみたいという気持がないでもないです。

まとめ

201705_04_100

スペックを表にまとめておきました。スマートウォッチはあまりスペックとかは関係ない気がしますが、バッテリー容量やバンド交換の可否、価格などは要注目です。

SoCはMoto360以外は、スマートウォッチ(ウェアラブル)用に開発された新型のSnapdragon Wear 2100です。省電力性能が高いとされています。Moto360 2ndもバッテリー容量が大き目ですので稼働時間自体は問題はなさそうですが、やはりMoto360 3rdがSnapdragon Wear 2100で登場していれば、、、

初代Moto360を購入した時には「これしかない!」と思って購入しましたが、「Moto360の次」と考えると一択という感じにはならない感じがします。そんな中でデザインと性能、価格のバランスがとれているのがZenWatch 3かなと思って入手しました。思ったよりも良い感じです。近いうちにレビュー記事をアップしたいと思っています。

Android WearはMoto360のMotorola(Lenovo)が「次の予定はない」とコメントしていたり、ASUSもZenWatchが思いの外売れていないので「撤退を検討している」と噂があったりで非常に残念な感じです。個人的には現状でも気に入っているのですが、確かになにかブレークスルーが欲しいですね。

ではまた!

Source :  Lenovo  Google  FOSSIL  ASUS  Apple

今度は丸いぞ!ASUS「ZenWatch 3」登場!
Android Wearはスマホなしで音楽を聞くことができます。
posted by ゆるガジェCHANNEL | スマートウォッチ
スポンサーリンク
  


格安SIMには必須知識 プライムビデオが凄い勢いで充実中 EXPANSYSの送料や関税 軽い!安い!キャンペーン情報付きkindl Fire TV StickをDLNAクライアントに!
ドコモ周波数帯まとめ プライムビデオやばい! EXPANSYSの税金・送料・保証 「キャンペーン情報付き」Kindleレビュー 新型Fire TV StickでDLNA!