スポンサーリンク
Amazon
Androidスマホ関連

IIjmioや楽天モバイルで激安販売中のXperia 10 Ⅳと比較してXperia 10 Vは買いなのか考える

以前は庶民の味方であったXperia 10シリーズですが、世界的な情勢などもあってどんどんと価格が上がっています。今回はXperia 10 IVと比較しながら、Xperia 10 Vのコストパフォーマンスについて考えてみたいと思います。

個人的にXperiaの縦長デザインはとても好きで、以前、Xperia 10 IIを使っていた時もとても気に入っていました。次のスマホはまたXperia 10シリーズにしたいな~と思っているのですが、Xperia 10 V SIMフリー版の67,100円(ソニーストア)という価格を見て「ちょっと待て」と思っています。私がXperia 10 IIを購入した時は国内向けのSIMフリー版はなく、海外版のSIMフリーモデルを購入したのですが、その時の価格は3.5万円くらいでした。。。

スポンサーリンク

Xperia 10 VとXperia 10 IVのスペック比較

Xperia 10と言っても各キャリア版など複数の型番がありますが、ここではXperia 10 IVはSIMフリー版であるXQ-CC44と、Xperia 10 VもSIMフリー版であるXQ-DC44で比較します。

基本スペック

Xperia 10 V (XQ-DC44) Xperia 10 IV (XQ-CC44)
OS(発売時) Android 13 Android 12
SoC Snapdragon 695 5G
メインメモリー 6GB
ストレージ 128GB
モニタ 6.1インチ OLED
FHD+ (1080 x 2520)
輝度 Xperia 10 IV比で1.5倍
6.0インチ OLED
FHD+ (1080 x 2520)
サイズ 155 x 68 x 8.3 mm 153 x 67 x 8.3 mm
質量 159g 161g

カメラ

Xperia 10 V (XQ-DC44) Xperia 10 IV (XQ-CC44)
メインカメラ1 広角(26mm)
4800万画素(記録画素1200万画素)
f/1.8
センサーサイズ 1/2inch
光学式手振れ補正
広角(27mm)
1200万画素

センサーサイズ 1/2.8inch
メインカメラ2 望遠(54mm)
800万画素
f/2.2


メインカメラ3 超広角(16mm)
800万画素
f/2.2


インカメラ 800万画素
f/2

バッテリー

Xperia 10 V (XQ-DC44) Xperia 10 IV (XQ-CC44)
容量 5000mAh
PD 18W
ワイヤレス充電 非対応

通信

Xperia 10 V (XQ-DC44) Xperia 10 IV (XQ-CC44)
5G NR n3, n28 , n77, n78, n79
4G LTE B1, B3, B4, B5, B8, B12, B18, B19, B21, B38, B41, B42
Wi-Fi IEEE802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth (R) 5.1
SIM デュアルSIM nanoSIM/eSIM

その他

Xperia 10 V (XQ-DC44) Xperia 10 IV (XQ-CC44)
防水/防塵 防水(IPX5/IPX8) 防塵(IP6X)
おサイフケータイ 対応
指紋認証 対応
オーディオジャック 対応
スピーカー ステレオ(横向き時に左右) モノラル

発売時価格(ソニーストア)・SIMフリー版発売日

Xperia 10 V (XQ-DC44) Xperia 10 IV (XQ-CC44)
価格 税込 67,100円 税込 60,500円
発売日 2023年3月10日 2023年8月4日
スポンサーリンク

スペック上の差のなさ以外に、販売チャンネル的にも残念

スペックの一覧表を見ると、Xperia 10 VはXperia 10 Ⅳから驚くほど変更点がないことがわかります。特にSoCなどの基本性能については変更がありません。 Snapdragon 695 5Gの後継と言うとSnapdragon 6 Gen1となる訳ですが、恐らく供給体制が間に合わなかった感じはしますね。致し方ないところだと思いますが。。。

モニタが0.1インチだけ大きく輝度の高いものにアップグレードされ、その関係で本体も1mmとか2mmとか大きくなり、質量は2g軽くなりました。モニタの輝度は1.5倍になったとのことですので、ここはそこそこ大きな進化点だと思います。あとは、広角のメインカメラがセンサーサイズが1/2.8インチから1/2インチへと大型されました。センサーサイズの拡大は写真の画質に大きくかかわるものですが、正直なところドングリの背比べではないかと思います。あとはスピーカーがモノラルからステレオスピーカーにアップグレードされました。

モニタの輝度、元から特筆して高画質とは言えないカメラのアップグレード(しかも1つだけ)、ステレオスピーカーの対応。これだけです。「Snapdragon 6 Gen1が間に合いませんでしたので従来と変わり映えしませんが、その分価格を抑えました」とかなら英断と評価されると思いますが、普通に1割以上値上がりです。

スマホの場合は旧型の話になると「いくら安いとは言ってもアップデートの問題があるしな」となる訳ですが、Xperia 10 VとXperia 10 Ⅳの場合はアップデートの問題も事情が特殊です。

この記事で説明していますが、実際には楽天モバイル版もしくはMVNO版としてXperia 10 ⅣのSIMフリー版(XQ-CC44)は2022年7月に世に出ているのですが、これはあくまでも楽天モバイル版もしくはMVNO版です。SIMフリー版として発売されたのは2023年3月ですので、Xperia 10 ⅣとXperia 10 VのSIMフリー版の発売日は5カ月しか開いていません。1年型落ちではなく、半年(に満たない)型落ちなのです。アップデートなどのサポートに関しても差は小さいと思われます。

こうなってくると実売価格の問題になる訳ですが、Xperia 10 Ⅳの時は早い段階で大きく割引されたのはOCNモバイルONEとIIJmioでした。ところが、スマホ安売王だったOCNモバイルONEはドコモに吸収される形で消滅。IIJmioでは現在のところXperia 10 Vの取り扱いはアナウンスがありません。(追記 IIJmioでの取り扱いが発表されました。59,800円とのことです。NMP特価もあると思われますが、まだ価格などは発表されていません)つまり、早期に大幅な割引が期待できないのです。

対してXperia 10 Ⅳは、その[PR]IIJmio(みおふぉん)がMNP特価ですが7月中は24,800円と格安です。[PR]楽天モバイルに至っては、初めて楽天モバイルと契約する人は実質5,800円(16,000円の値引き+28,000円分のポイント)、過去に契約履歴がある人でも実質8,800円(16,000円の値引き+25,000円分のポイント)と回線契約が必要ではありますが、とにかく安く入手することができます。楽天のポイントは付与から6カ月の期限がありますので、楽天でそれだけの買い物をする人でないといけませんが、超激安です。IIJmioの24,800円でも相当お買い得です。

私などはブログの記事にするために、新型(この場合はXperia 10 V)にするべきではないか?という葛藤があるのですが、それがなければ迷わずXperia 10 Ⅳにしますね。Xperia 10 Ⅳも特に性能が良いという訳ではありません(縦長スタイルは好きなのですが)が、IIJmioや楽天モバイルの価格であれば、間違いなくお買い得と言えます。

スポンサーリンク
楽天モバイルを初めて契約する人はこちらのリンクから契約するとMNPの場合13,000円相当、MNP以外の場合でも6,000円相当のポイントがもらえます。
楽天モバイル紹介キャンペーン


mineo 楽天モバイル

IIJmioみおふぉん(eSIM)
\ この記事をシェアする! /
\ ゆるガジェChannelをフォローする! /
ゆるガジェCHANNEL