ライフ

腕時計の電池をDIYで交換してみました。

201508_11_010

Moto360の購入まで10年くらい使っていた腕時計。傷だらけでガラスも端の方が割れていたりするのですが、車をメンテナンスしたりする時には傷付けたりオイルや汚れが付くのが怖いのでMoto360をしたままではできません。そこでこの腕時計にもう一頑張りしてもらう事にして久しぶりに見てみると電池が切れていました。ホームセンターで電池交換してもらうと料金が600円+電池代で電池が500円台でした。これくらいならと思わないでもないですがせっかくですのでDIYで挑戦する事にしました。

腕時計の裏蓋は大きく「はめ込み式」「スクリューバック式」「ねじ止め式」の3タイプに分かれるようです。私のははめ込み式ですので必要な道具を用意して裏蓋を開けてみます。必要な道具といってもこれだけです。

201508_11_020

「こじ開け」というそのまんまな名前の工具で、ダイソーで200円で売ってます。これで裏蓋を名前の通りこじ開けます。蓋は本体に密着していて蓋と本体の間にこじ開けは入りません。蓋の側面をグリグリと上方向に押し上げる感じです。

201508_11_030

思ったよりも簡単に開いたので拍子抜けです。ただ安物だからか1回でこじ開けの先端が結構痛んでしまいました。1回開けれれば十分元が取れますけどね。

 

裏蓋を開けると電池が見えるので取り出します。

201508_11_040

 

電池の型番を控えてダイソーに同じ電池を探しに行きましたが残念ながらおいていませんでしたのでAmazonで購入しました。時計の電池は結構種類がありますがいくつかの型はダイソーにありましたので一度確認してみると良いと思います。ちなみに私のはこれでした。270円です。

後は電池をはめて裏蓋を閉めるだけです。

使用したものは

① こじ開け(別の用途の為に持っていたけどダイソーで200円)
② 電池(Amazonで230円)
だけです。ホームセンターに依頼したら1200円くらい掛かりますが、DIYで430円でできました。でも時計本体に傷つけたりする可能性も高いですし、高級な時計はきちんとした時計店にお願いした方が良いと思います。ちなみに専門店に依頼すると料金は3000円~くらいが相場のようです。

ではまた!

 

[スカーゲン]SKAGEN 腕時計 ANCHER SKW6183 メンズ 【正規輸入品】
SKAGEN(スカーゲン) (2015-05-06)
売り上げランキング: 538
タイトルとURLをコピーしました