スポンサーリンク
気になるアイテム

攻めのFREETEL早くも次の一手! KATANA02をKATANA01やMADOSMAと比較してみます。

201512_04_000

先日Windows 10 Mobile搭載の激安スマホKATANA01を発売したばかりのFREETELですが、早くも上位機種KATANA02を年明け早々に発売すると発表しました。しかも予価29,800円だったのを1万円も値下げして19,800円です。私もKATANA01を発売日に入手したくちですので興味津々です。早速弟分のKATANA01(弟の方が先に生まれてますが)や価格的に直接のライバルとなるMADOSMAと比較してみます。

201512_04_010

「ちょっ!!!」とKATANA01購入組からは聞こえてきそうですが、冷静に考えればKATANA01とは1.5倍の価格差がありますし、サイズも4.5インチと5インチでかなり違いますので住み分けられていると思います。私の場合はKATANA01はサブ機ですので4.5インチのコンパクトなボディーは魅力的ですのでKATANA02が発売済でもKATANA01を購入したと思います。

早速KATANA01とMADOSMA、ついでにPriori3と比較です。
201512_04_020

KATANA02は細かいところはまだ不明ですが、主要なスペックはFREETELのHPに公表されています。KATANA01は正直反応が遅れる事が度々ありますし、MADOSMAもネットで見ている限りそんな感じの評価です。KATANA02はMADOSMAより安価ですがメモリはRAM、内蔵ストレージ共に倍増しています。KATANA01を使っていて分かったのですが、Windows 10 MobileはSDカードがあれば内蔵ストレージはほとんど消費しないため実は8GBで十分だったりします。しかしRAMが倍増しているのはモッサリをサクサクに変える可能性十分です。

あと上記の端末は何れもドコモのプラチナバント・FOMAプラスエリアに対応しているので電波については安心できます。素晴らしい。

サブ機もしくはSNSやネットの閲覧がメインのライトユーザーであればKATANA01を、メインマシンである程度バリバリ使うならKATANA02が良いと思います。ただWindows 10 Mobileもだいぶアプリが揃ってきていますが、AndroidやiOSに比べるとまだまだですので、安価な機種で無難な選択をするのであればやはりAndroid搭載のPriori3が良いでしょう。

FREETELのデータ通信SIMは従量制で100Mまでは税抜299円で維持できますので、KATANA01と組み合わせておもちゃにするのがオススメです。KATANA01を購入して2週間、メインのXPERIA C5 Ultraと2台持ち歩いていますが、新しいOSが新鮮なのかなんとなくずっとKATANA01をいじっています。不便も多いですが意外に楽しいですよ!Windows 10 Mobile

ではまた!

 

FTJ152E-katana01-BK [FREETEL KATANA01 ブラック/Windows10]
FREETEL
売り上げランキング: 1,468

プラスワンマーケティング FREETEL Priori3 LTE パールホワイト
プラスワンマーケティング (2015-11-20)
売り上げランキング: 5,013
タイトルとURLをコピーしました