マジでアップロードし放題! 鈴鹿最高です! 徒歩?シャトルバス? 大人も子供も楽しめます! マジで面白い!
プライムフォトに写真3万ファイル380GBを一気にアップロード 控えめに言って最高のイベント 鈴鹿サーキット「モータースポーツファン感謝デー」 岩国基地フレンドシップデー 虎の巻 圧倒的物量!京都鉄道博物館 おっさん向け! おすすめマンガ

スポンサーリンク

2016年04月13日

安くて高音質!ケーブルが絡まらない!おすすめEC TECHNOLOGYのBluetoothイヤホン

201604_04_000

私はたまにランニングをしているのですが、その時に音楽を聴くためのガジェットは今まで色々と物色していました。もちろんあまりお金をかけない方向で。いままでもBluetoothイヤホンを使用していたのですが、色々と不満もあったので新たにBluetoothイヤホンを入手しました。

今まで使っていたのはこれです。 
201604_04_010

ソニーのMW600という機種で一時期は定番とされていました。7,000円くらいだったかな?通信の安定性も音も良いのですが、コードがぐっしゃぐしゃに絡まるのですよ、、毎回毎回使う時に絡まったコードをほどくのがストレスなのです。それにY字タイプでコントローラー部にクリップが付いているのですが、胸ポケットがないジャージにしろTシャツにしろ付ける所がないのです。そこでEC TECHNOLOGYのスポーツタイプのBluetoothイヤホンです。

ケーブルが絡まないことは音より大事!

MW600はコードが細いので使おうとすると必ず絡まっています。ワザと絡まってるのかと思うくらい絡まります。ところがこのEC TECHNOLOGYのBluetoothイヤホンはコードの長さが最小限であることも然ることながら、きしめんタイプのケーブルで非常に絡まりにくいです。
201604_04_020

またEC TECHNOLOGYのイヤホンは首に掛ける時に落ちないように左右のイヤホンをマグネットでくっつけることができます。この状態にしておくと更にケーブルは絡まりにくいというか、絡まりません。
201604_04_030

とにかく使おうとする時に絡まったケーブルをほどくのは最高にストレスです。これだけでもこのイヤホンを選択する理由になると思います。

オーディオテクニカやソニーに近い感じ?派手めの音

201604_04_040
私は有線のイヤホンはオーディオテクニカのものを持っていますが、これは店頭で2万円以下の有線イヤホンを片っ端から自分のXPERIAにつないで聴き比べて決めました。5,000円程度だったと思いますが、2万円クラスのイヤホンよりも好みの音でした。ただ、ランニング時に使うとケーブルが擦れる音がダイレクトに耳に伝わってくるので使っていませんが、、、私が聴いた中ではオーディオテクニカとソニーが好みです。
EC TECHNOLOGYのイヤホンはこのオーディオテクニカのイヤホンの音に近いと思います。オーディオテクニカやソニーの音が好きな人なら気に入ると思います。ソニーのMW600と比較すると「比べてみれば確かに」のレベルで若干こもった感じがありますが、値段も半額ですしね。

全体的には派手めの音だと思います。安いイヤホンだと低音は「ドンドン」「バンバン」ではなく「ぼ〜ぼ〜」という感じですが、このEC TECHNOLOGYのイヤホンはわりと乾いた感じのキレの良い音だと思います。低音もかなり出ますよ。

ちなみに音量はかなり大きな音が出ます。Amazonのレビューを見ていると「小さい音が出ない」とのレビューがありますが、そんなことありません。微妙な小さい音量でもちゃんと再生できます。「左右の音量差が大きい」という人も同様です。そんなことはありません。これらは不良品ですのでAmazonのアカウントサービスで連絡すればちゃんと交換してくれますよ。
不良品掴んでイラっとくる気持ちはわかりますが、こんな廉価な製品ですからそりゃ一定割合で不良品もあると思います。ちゃんと対応してくれるのだから問題ないと思いますが、それが我慢できないならばお金を出して高価な製品を買えば良いと思います。

バッテリーのもちは、ほぼ公称値通り

201604_04_050

充電はコントローラー部にMicroUSBケーブルを挿して行います。ただこのゴム製の蓋に段々折り目がついて閉まりが悪くなるのですよね。構造上しょうがないところがあるのですが。充電する時に邪魔だし切り取ってしまっても良いかなと思います。別に雨に濡れながら走るわけでもないですし。

バッテリーの持ちは3回ほど連続再生してみましたが4〜4.5時間の間でした。音量はランニング時に聴く音量で多少大き目です。メーカー公表値4.5時間ですので妥当なところだと思います。充電中は赤いLEDが点灯して、満充電になると青のLEDに切り替わります。連続待機時間は250時間との事ですが、流石にこれは実測はしませんでした。

バッテリーの充電電流値は0.07Aと非常に小さいので特に出力の大きな充電器や特別なケーブルは必要ありません。充電時間は実測で丁度1時間でした。
201604_04_060

見えない操作系はオーソドックスな物理ボタンが一番!

201604_04_070

コントローラーのスイッチはオーソドックスな物理ボタンです。

MW600はシャレオツな感じに音量がタッチ式なのですが、意図せず指が触れてしまって音量が変わったり、逆に変えようとしても反応が悪かったりで結構イラっとくることが多かったです。201604_04_080

こういった手探りで操作するものはオーソドックスな物理ボタンが一番です。最近は車でもタッチパネル操作の車がありますが正直何考えてんだ?と思います。

通話もクリアにできます。

201604_04_090

電話で通話することもできます。着信すると音楽が止まってアラームが鳴りますので電源ボタン(マルチファンクションキー)を押すと応答できます。電話を切る時も電源ボタン。着信時の拒否は説明書では電源ボタン長押しと記載されていますが、実際にやってみると音量マイナスボタンの長押しです。

マイクはコントローラー部にあって、コードを首の後ろ側に掛けると口から遠くなるのでどうかな?と思いましたが、ぜんぜん問題なくクリアに通話できます。
201604_04_100

用途に合わせてイヤーパットを選択できます。

201604_04_110

イヤーパットは最初に装着されている赤いものの他、上の写真のものが付属しますので好みで選択できます。赤いやつは色が合っていますが、抜けやすいので私はランニング時に抜けないようにグレーの一番大きいものを使っています。

ペアリング

201604_04_120

電源OFFの状態から電源ボタンを長押しすると青と赤のLEDが交互に点滅してペアリングモードになります。この状態でスマホ側で「IEC-BTH03」をタップするとペアリングされます。

ちなみにAndroid Wearとペアリングすることもできます。

201604_04_910 Android Wearはスマホなしで音楽を聞くことができます。

便利で良い音のBluetoothイヤホンが、こんなに安く買える良い時代になったものです。

ではまた!

posted by ゆるガジェCHANNEL | レビュー
スポンサーリンク
    


notice_201509_05.JPG notice_201604_03.jpg notice_201511_05.png notice_201605_10.jpg notice_20150607.JPG
ドコモ周波数帯まとめ プライムビデオやばい! EXPANSYSの税金・送料・保証 「キャンペーン情報付き」Kindleレビュー Anker Quick Charge 2.0 充電器 レビュー