マジでアップロードし放題! 鈴鹿最高です! 徒歩?シャトルバス? 大人も子供も楽しめます! マジで面白い!
プライムフォトに写真3万ファイル380GBを一気にアップロード 控えめに言って最高のイベント 鈴鹿サーキット「モータースポーツファン感謝デー」 岩国基地フレンドシップデー 虎の巻 圧倒的物量!京都鉄道博物館 おっさん向け! おすすめマンガ

スポンサーリンク

2017年09月13日

3年ぶりにフルモデルチェンジ!狭額縁ベゼルでiPhone X登場!でもイマイチだと思う3つの理由

201709_06_000

私の大好きな画面占有率の高い狭額縁ベゼルで登場しましたiPhone X!でもちょっと待って下さい。なにかおかしく感じませんか?

iPhone 6が2014年に登場して以来、iPhone 6s、iPhone 6ss(世間ではiPhone 7と呼ばれているかも)そして、今回一緒に発表されたiPhone 6sss(世間ではiPhone 8と呼ばれているかも)に続いて、3年ぶりにフルモデルチェンジ!iPhone Xです。あるメディアでは

 

「Xは究極を意味するのだから、Xの次は完全に根本から異なる次世代の製品だ。
                iPhone Xは「最後のiPhone」であり、Appleからの挑戦状だ:情熱のミーム – Engadget

な〜んて書いてありますが、究極を意味するのはZだし、Xは未知数を表すのだと思いますけどね。名前はどうなるのかわかりませんが、普通にiPhone XかiPhone 8か受けの良かった方をベースにしてモデルチェンジしていくと思いますよ。今やAppleは超保守的な企業ですので。

とは言え、今回のiPhone Xはひと目見て新型だとわかるボディを持っており、久しぶりにAppleから「新製品」がリリースされた感があります。私も興味深々です。

iPhone Xは本当に狭額縁?

201709_06_010

ほぼ予想CG通りのデザインで登場したiPhone Xのはずですが、最初に見た時には違和感を覚えました。「どこか野暮ったい」と。予想CGの段階では手放しでカッコいい!と思っていたのですが。

確かに究極的な画面占有率です。液晶の外側の黒い部分も最小限だと思います(でも完全に0になると思っていたのでガッカリです)、それでもなにかベゼルが厚く感じます。Essential Phoneを見た時のような衝撃がありません。

201709_06_020

そうです。ボディーの枠の部品が外側に大きく膨らんでいるので、トータルでの左右のベゼル幅は決して狭くはないのです。実際に液晶モニタからボディー端までの距離はiPhone 8と大差ありません。

「実は全然狭額縁じゃない」

のですよ。これ。。。

あれ?指紋認証は?顔認証?ご冗談をwww

201709_06_030

ハードウェアのホームボタンがなくなることで指紋認証をどうするのか?というのは色々な噂があり、「液晶モニタ上にTouch IDが実装される」というのが有力でした。確かにそうなれば革新的ですが、私は背面に実装するのが現実的だし使いやすいだろうと思っていました。ところが蓋を開けてみれば斜め下。

「Touch ID未実装」

です。「Face ID」という顔認証が実装されました。Appleは「新しい認証方法」と胸を貼りますが、Androidにはもうかなり前から実装されています。でも誰も使いません。横目でスマホを見ながらロック解除したり、場合によってはスマホの方をみないでロック解除してからスマホの方に視線を移したりといったことを無意識にしているものなのです。一度使ってみればわかります。普通に使いにくいのです。確かに顔を3次元で認識する技術は素晴らしいと思いますが、使いやすいかどうかは別問題なのです。

このベゼルの厚さであればXperiaのように電源ボタンに指紋認証を実装できると思うのですが。

ちなみに目を開いてカメラの方を見ないとロックは解除されないそうですので、寝ている時にロック解除されてしまう!と心配している人は安心してください。

未来?言い過ぎでしょ。

201709_06_040

そもそも高画面占有率のスマホは既にEssential PhoneやXiaomi Mi MIX、Galaxy S8、AQUOS S2などが登場しています。確かに下側まで画面を一杯に広げたのはiPhone Xが先行したと思いますが、「未来」というほどではありません。

スペックもチップはA11 BionicチップでiPhone 8と同じ、液晶モニタやフロントカメラのソフトウェアなどが違いますが、主要スペックは同じものなのです。バリバリ「現代」なのです。

でもまぁ欲しいですけどね(笑)

最初にも書いたように久しぶりのフルモデルチェンジです。新型と旧型を並べてどちらが新型かわからないようなモデルチェンジではありません。この画面占有率は確かに気になります。欲しいかと問われれば欲しいです。でもなにかこうスッキリしないのですよね。

「どうだ!」という訳ではなく、しっかりと従来の「売れているiPhone」のデザインを踏襲した保守的なiPhone 8も保険的にリリースするこの女々しさ。私は別にジョブズ信者ではないのですが、ジョブズ亡き後のAppleは本当にワクワクしないメーカーになったと思います。もしジョブズが生きていたらApple製品は一体どのような進化を遂げていたのでしょう。

iPhoneが初めて登場した時は本当に革新的でした。私も初めてのスマホはiPhone 3Gです。あの頃のAppleはワクワクしましたよね。

iPhone Xの価格は112,800円(税別)だそうです。たか!でもiPhone 8 Plusが89,800円(税別)と思えばそんなものですかね。どっちも高すぎワロタ。

ではまた!

Source : Apple

もっともダサいデザインを踏襲したiPhone 7が「史上最高のiPhone!」
新型MacBook Proが薄型化・軽量化出来た理由はこれだ!
どこが変わったのかわからない?Xperia XZ1の違い

posted by ゆるガジェCHANNEL | Apple
スポンサーリンク
    


notice_201509_05.JPG notice_201604_03.jpg notice_201511_05.png notice_201605_10.jpg notice_20150607.JPG
ドコモ周波数帯まとめ プライムビデオやばい! EXPANSYSの税金・送料・保証 「キャンペーン情報付き」Kindleレビュー Anker Quick Charge 2.0 充電器 レビュー