マジでアップロードし放題! 鈴鹿最高です! 徒歩?シャトルバス? 大人も子供も楽しめます! マジで面白い!
プライムフォトに写真3万ファイル380GBを一気にアップロード 控えめに言って最高のイベント 鈴鹿サーキット「モータースポーツファン感謝デー」 岩国基地フレンドシップデー 虎の巻 圧倒的物量!京都鉄道博物館 おっさん向け! おすすめマンガ

スポンサーリンク

2017年08月11日

紅葉だけじゃない!緑あふれる夏の東福寺がおすすめ!!

201708_06_000

京都で紅葉と言えば数々の名所がありますが「東福寺」はその代表的な一例です。紅葉の上に浮かぶ「通天橋」の写真を誰しも一度は目にしているはずです。今回は紅葉シーズンの下見的な感じで足を運びましたが、夏の東福寺が思いのほか良かったのでご紹介したいと思います。

紅葉の混雑が嘘のよう。夏の東福寺はのんびりムード

201708_06_010

私が東福寺を訪れたのは7月16日。いままで何回か行っている京都ですが、よく考えれば夏に行ったことがないので緑あふれる京都を歩きたいと思い3連休に出かけたのですが、たまたま京都は祇園祭真っ只中。市中は観光客で溢れかえっていました。東福寺へは朝からバスで向かったのですが、清水寺・東福寺方面行きのバスは超満員です。「これは、、、」と思いましたが、ほとんど全ての観光客は清水寺で降りて行き、東福寺で降りたのは私一人でした。清水寺は工事中なのに。。。

到着したのは10時でしたが、紅葉シーズンにはあまりにも混雑し過ぎで遂に写真撮影禁止となった通天橋の上はご覧通りです。

201708_06_020

奥の少し盛り上げっているところが通天橋です。実際にはポロポロと人がいるのですが、カメラを持って人がひくのを待っている私を見ておばさまが横へ避けてくれました。感謝。この後10時半をまわる頃には人が増えてきて橋の上には常に人が数人いる状態になりました。東福寺の拝観は9時(紅葉シーズンは8時30分)からですので、その時間をめざして行けば高い確率で人のいない通天橋を撮れるでしょう。

201708_06_030

通天橋から下を見ると沢が見えます。いっぱいの緑や沢から上がってくる風と木造の建築物の影のお陰で涼しいです。

201708_06_040

遊歩道で沢の方へ降りて散策することもできます。境内は青もみじでいっぱいです。緑色は好きです。緑の中にいると癒やされます。

201708_06_050

秋にはこれが全て紅葉すると思うとそりゃ綺麗でしょうね。紅葉シーズンにも来たいと思っていますが、あまり極端な混雑は避けたいですしねぇ。。。

ちなみにこの通天橋のあるエリアに入るには400円の拝観料が必要です。また奥側にある東福寺本坊庭園に入るのにも別途400円の拝観料が必要です。庭園はさほど広くありませんが、通天橋が奥側から見える展望エリアや庭園があります。

201708_06_060

ここでお茶を飲みながら読書でもしてのんびり過ごしたいです。

201708_06_070

庭園はこんな感じです。沢から涼しい空気が上がってくるのか過ごしやすくて雰囲気も良いので皆さん座り込んでいました。この涼しさが計算して作られているのだとしたら、昔の人は凄いなぁと思います。私も次どこへ行こうかなどと考えながら20分も座り込んでしまいました。

201708_06_080

ただまぁ庭園自体は通天橋に比べるとキャッチーなものでもないので無理に400円払って入るほどでも無いかもしれません。

「通天橋」のあの写真は実は東福寺の境内からではありません。

201708_06_090

よく見る通天橋の写真ですが、実は東福寺の境内から撮影したものではありません。正確には東福寺の敷地内なのですが、お寺の囲いの外側からです。

201708_06_095

臥雲橋というのですが、普通に正面(中門)から東福寺に入っていくと見逃してしまうので注意です。

通天橋が一番綺麗に見えるポイントです。ちなみに紅葉時には通天橋上だけではなく、この臥雲橋の上も撮影禁止になってしまいました。それほどスペースに余裕がありませんので、紅葉シーズンは阿鼻叫喚となるのは想像に難しくないですね。あの紅葉の通天橋の構図はもう撮れないのですね。

しかし、閑散期となる夏は関係ありません。がらがらの臥雲橋でゆっくりと通天橋を撮影できます。ちなみに東福寺はこの臥雲橋も含めて三脚禁止です。

あれ?三門!お前三門じゃないか!?

201708_06_100

どっかで見たことがある巨大建造物が。

「絶景かな絶景かな」紅葉シーズンの南禅寺で三門に登ってきました。

石川五右衛門の「絶景かな絶景かな」で有名な南禅寺の三門です。三門って単にあの門固有の名称だと思っていたのですが、調べてみると寺院にある巨大な門の総称のようですね。仏門に至るための三つの境地を表しているそうです。

201708_06_110

奥に見えるのが本堂です。南禅寺の三門は自由にくぐる事ができましたが、東福寺は柵があって近づけないようになっていました。

東福寺の最寄り駅やバス停からのおすすめアクセスルート。駐車場もあるよ!

201708_06_120

東福寺へ公共交通機関で行く場合は、バスは「東福寺方面行き」と明記されています。バス停はずばり「東福寺」です。列車の場合も東福寺駅ですが、京阪の場合は鳥羽街道駅の方が若干近いです。しかし先に解説した臥雲橋へ寄ることを考えるとどちらでも変わりません。

東福寺駅やバス停からGoogleマップなどで経路検索すると正面(中門)からのアクセスルートが示されますが、これは罠です。臥雲橋を考慮すると遠回りになります。赤い線のルートがおすすめです。

201708_06_130

車の場合は閑散期であれば境内に無料駐車場があります。完全に境内ですので中門から「本当にここ車で入って良いの?」と思うような門をくぐって真っ直ぐ進めば標識があります。未舗装ですが大きな段差はないので車高の低い車でも大丈夫です。本当に本堂&三門のすぐ横です。

そうだ!夏の京都に行こう!

201708_06_140

夏の東福寺は本当に静かでおすすめです。紅葉も綺麗ですが、青もみじに囲まれるのも気持ちの良いものです。祇園祭の期間中でこれですので他の日はもっと人が少ないかもしれません。京都はどこに行っても人大杉ワロタ状態ですので、本当に穴場だと思います。

ではまた!

清水寺のライトアップは開門2時間後に行け!
紅葉シーズンの嵐山は車では無理!パークアンドライドがおすすめです!
撒き餌単焦点レンズはLレンズに勝てるのか!?「EF40mm F2.8 STM」レビュー

posted by ゆるガジェCHANNEL | イベント・旅
スポンサーリンク
    


notice_201509_05.JPG notice_201604_03.jpg notice_201511_05.png notice_201605_10.jpg notice_20150607.JPG
ドコモ周波数帯まとめ プライムビデオやばい! EXPANSYSの税金・送料・保証 「キャンペーン情報付き」Kindleレビュー Anker Quick Charge 2.0 充電器 レビュー